Make your own free website on Tripod.com

叛乱オンライン
HOME > Irish > history
IRELAND アイルランド歴史資料室 RECORDS

 
アイルランド共和国のフェニアン宣言
1867年
「世界の中のアイルランド国民」

 

  ------------------
宣言
世界の中のアイルランド国民

わたしたちは、数世紀の間、暴力、貧困の強制、苦々しい惨めさを味わってきた。わたしたちの権利と自由は、わたしたちを敵として扱い、われらの土地を踏みにじり、不幸なわが国から物質的な資産のすべてを奪い取った外国の貴族階級によって奪われてきた。土地の実際の所有者は、牛の場所を作るために排除され、生きる手段を求めて大海をわたることになり、祖国における政治的権利は否定され、一方、わが国において思索し行動する人々は死刑・自由剥奪を宣告された。しかし、わたしたちは決して国家が存在するという記憶と希望を失わなかった。わたしたちは支配権力の理性と正義感に訴えたが、無駄だった。

わたしたちの穏やかな抗議は、冷笑と軽蔑によってあしらわれた。わたしたちが武力に訴えても、いつも成功しなかった。

今日、いかなる代案も残されていないため、わたしたちは再び最後の手段として力に訴える。完全農奴制の生活を続けるよりも、自由を求める戦いにおいて死ぬほうがいいと雄々しく考える考え方を受け入れる。

すべての人は平等な権利を持って生まれており、互いに守り合って公的負担を分かち合うような結びつきの中にいる。平等さを破壊せず維持する土台にそのような結びつきがあるべきだというのは公正なことである。

それゆえ、わたしたちは宣言する。君主制政府ののろいにはもはや耐えられないため、わたしたちは、彼らの労働の本質的な価値すべてが保障される普通選挙権に基づく共和国を設立することを目指す、と。

アイルランドの土地は、現在は寡頭政治の所有になっているが、わたしたちアイルランド国民のものであり、それはわたしたちに戻されなければならない。

わたしたちはまた、良心についての絶対的自由を支持し、教会と国家の完全な分離を宣言する。

わたしたちは、わが大義の正当さについての証拠について、最高裁判所に訴える。歴史はわたしたちの苦しんできた状況についての証拠を裏付けている。そして、わたしたちは、わが同胞たちの前で、英国国民に対する戦争はもはや意図していないことを宣言する。――わたしたちの戦いは、英国民であろうとアイルランド人であろうと、わが領土の緑を食べた貴族という名の蝗(イナゴ)に対するものである。――わが領土と人々を同様に飲み干した貴族という名の蛭(ヒル)に対するものである。

全世界の共和主義者よ、わたしたちの大義はあなた方の大義である。わたしたちの敵はあなた方の敵である。心を合わせてほしい。イギリスの労働者よ、わたしたちが望んでいるのはあなた方の心だけではなく、腕力もである。労働の抑圧によってあなた方の炉端にもたらされた飢餓と失業を忘れてはならない。過去を忘れてはならない。未来をよく見つめよう。そして、人類の自由を求める来るべきと闘いにおいて、あなた方の子供たちに自由を与えることによって復讐しようではないか。

直ちに、わたしたちはアイルランド共和国を宣言する。

暫定政府。

 

HOME > Irish > history
歴史
  
アイルランド歴史年表
アイルランド文献資料集
  
1867年 フェニアン宣言
  1916年 イースター宣言
  1919年1月21日 独立宣言 世界へのメッセージ 民主的プログラム
  
1921年1月 ブラック・アンド・タンズ
  
1972年 血の日曜日
  1972〜1989年 プラスチック弾・ゴム弾

  1981年 ハンガーストライキ

叛乱オンライン