Make your own free website on Tripod.com

叛乱オンライン
HOME > Irish > history
IRELAND アイルランド歴史資料室 RECORDS

 
1919年1月21日
アイルランド独立宣言

 

  ------------------
独立宣言

1919年1月21日第1回(全アイルランド)ドール・エアラン会議にて発表

アイルランド国民は本来自由な国民なるがゆえに。

また、700年間、アイルランド国民は外国の強奪に対する拒否を止めたことはなく、繰り返し戦って抗議してきたがゆえに。

また、この国における英国の規則は、今も、そしてかつてずっと、強制と詐欺に基づいたものであり、また国民が宣言した意思に対して軍事占領を行なってきたがゆえに。

また、1916年の復活祭の月曜日、アイルランド国民のために活動しているアイルランド共和国軍(IRA)によって、1916年の復活祭の月曜日、アイルランド共和国が宣言されたがゆえに。

また、アイルランド国民は、公共の福祉を推進するために完全なる独立を獲得・運営すること、裁判所を再設置すること、将来の防衛を提供すること、祖国における平和とすべての国家との親頼を保障すること、すべての市民の等しい権利と等しい機会に基づいた国家政策を構成することが決議されているがゆえに。

歴史の新時代の出発点に当たって、アイルランド選挙民が1918年12月総選挙を開催し、その圧倒的大多数がアイルランド共和国への堅い忠誠を誓った最初の機会を獲得したがゆえに。

それゆえ今、召集された国民議会における古代アイルランド国民の代議士たるわたしたちは、アイルランド国家の名において、アイルランド共和国の設立を批准し、わたしたちの指揮するあらゆる手段を用いてこの宣言を有効にすることをわたしたち自身と我が国民に誓約する。

わたしたちは、アイルランド国民によって選出された代表者のみが、アイルランド国民を拘束する法律を作る権力を持ち、アイルランド議会のみがその国民が忠誠すべき唯一の議会であると定める。

アイルランドにある外国政府はわたしたちが決して許容しないわが国の権利を侵略しているということを、わたしたちは厳粛に宣言する。そして、英国守備隊がわが国から引き上げることを要求する。

わたしたちは、わが国の独立に対して、世界のあらゆる自由な国家からの認知と支援を要求する。そしてわたしたちは、独立国家である状態こそ、今後の国際的な平和の前提であると宣言する。

アイルランド国民の名において、われらの父祖に苛酷な圧制の数世紀を忍耐し続けるだけの勇気と決意を与えられた全能なる神に、謹んでわれらの運命をゆだねる。そして、わたしたちまで伝えられた大義の正当さが強められ、自由を達成するようわたしたち自身に誓約した闘いの最終段階に、神の恵みあらんことを。

 

HOME > Irish > history
歴史
  
アイルランド歴史年表
アイルランド文献資料集
  
1867年 フェニアン宣言
  1916年 イースター宣言
  1919年1月21日 独立宣言 世界へのメッセージ 民主的プログラム
  
1921年1月 ブラック・アンド・タンズ
  
1972年 血の日曜日
  1972〜1989年 プラスチック弾・ゴム弾

  1981年 ハンガーストライキ

叛乱オンライン