Make your own free website on Tripod.com

叛乱オンライン
HOME > Irish > history
IRELAND アイルランド歴史資料室 RECORDS

 
1981年
ハンガーストライキ

 

  ------------------
1981年ハンガーストライキ

 

 

------------------

自由のための革命的精神

ボビー・サンズ(Bobby Sands)

ベルファストのTwinbrook出身の27歳。
3月1日のハンガーストライキを開始し、
66日後の5月5日に亡くなった。

ボビーはこう書いている。「日々は長く、寂しい。運動や新鮮な空気、他の人との交際、私自身の衣服、新聞・ラジオ・タバコ・本その他多くの人間に基本的に必要なものが突然すべて奪われたので、わたしの生活はひじょうに厳しくなった」

彼はこう語った。「もちろん、わたしは殺されるかもしれないが、わたしであるものは残る。政治的捕虜もだれも、英国でさえも、それを変えることはできない」

 

 

------------------

決然とし、まったく恐れのない兵士

フランシス・ヒュー(Francis Hughes)

デリー州Bellaghy出身の25歳。
3月15日にハンガーストライキを開始し、
59日後の5月12日に亡くなった。

この戦いが生み出した最も目立つアイルランドの革命戦士の一人で、故郷で尊敬された男。

 

 

------------------

静かで、よい性質の、分別のある共和主義者

レイモンド・マクリーシュ(Raymond McCreesh)

アルマー州Camlough出身の24歳。
3月22日にハンガーストライキを開始し、
61日後の1981年5月21日に亡くなった。

政治的立場のためのHブロック・ハンガーストライキに加わった3人目の、断固たる決然としたIRA義勇兵。他の二人の義勇兵とともに英国軍の待ち伏せで19歳という若さで捕らえられたが、そのときすでに約3年間、活動的な共和主義者との関わりがあった。

 

 

------------------

決然として勇気あるデリーの男

パツィ・オハラ(Patsy O'Hara)

デリー市出身の24歳。
3月22日にハンガーストライキを開始し、
61日後の1981年5月21日に亡くなった。

パツィは書いている。「群衆の気分は、団結しようというものだった。人々は、自分たちが正しいのに、大いなる不正が行なわれたのだと信じた。群衆は市のあらゆるところから数千人が集まり、「一人一票」のスローガンを唱え、『我々は勝つ』を歌いながら、公爵通りを下っていった。わたしは、人々は団結しており、その動きは止められないだろうと感じていた」

 

 

------------------

大いなるユーモアのセンスを持つ熟考の共和主義者

ジョー・マクドネル(Joe McDonnell)

ベルファストのアンダーソンズタウン出身の30歳。
5月9日にハンガーストライキを開始し、
61日後の1981年7月8日に亡くなった。

政治的立場のためにハンガーストライキに加わった4人目のIRA義勇兵。既婚で二人の子がいた。彼の大いなる行動における決然とした態度は、以下の事実から評価できるだろう。1977年に14年の刑を宣告されて、訪問には囚人服を着ていなければならなくなって以降、妻と家族に会ったのは、ハンガーストライキを始めた後になってからだったのである。

 

 

------------------

勤勉で、極めて好ましい共和主義者

マーティン・ハーソン(Martin Hurson)

ティローン州Cappagh出身の24歳。
5月29日にハンガーストライキを開始し、
46日後の1981年7月13日に亡くなった。

1981年6月の自由国総選挙でマーティンはロングフォード/ウェストミース州の候補者であって、落選となったものの、約4500票で第1位の投票があり、6度目の計算の終わりに除かれた二人の労働党候補者とフィネ・ゲール対抗者からの移動票を1000以上得ていた。

 

 

------------------

大いなる愛の人生を生きた、誠実で断固とした共和主義者

ケヴィン・リンチ(Kevin Lynch)

デリー州Dungiven出身の25歳。
5月23日にハンガーストライキを開始し、
71日後の1981年8月1日に亡くなった。

スポーツマンとして記憶されているケヴィンの素質は、勇気と決意、勝つという意志、チームメイトに対する誠実さである。地元のラグビークラブが完全にケヴィンとその仲間たちに制されたというのも驚くことではない。そして、ケヴィンは同じ素質をHブロックとハンガーストライキでも発揮したことを指摘しておこう。

 

 

------------------

熱心な共和主義者で目立った兵士

キーラン・ドハーティ(Kieran Doherty)

ベルファスト州アンダーソンスタウン出身の25歳。
5月22日にハンガーストライキを開始し、
73日後の1981年8月2日に亡くなった。

1981年6月、自由国選挙で、キーランはレンスター下院議会議員として選出された。カヴァン/モナハン州で9121票の一位得票であった――そのときの自由国の教育大臣は303票しか得ていなかったのである。

 

 

------------------

誠実、のんびり、楽しい

トーマス・マケルウィー(Thomas McElwee)

デリー州Bellaghy出身の23歳。
6月8日にハンガーストライキを開始し、
62日後の1981年8月8日に亡くなった。

まさに典型的な若いデリー州の人で、優しくて性格がよく、活力にあふれてカーレースに熱中していたが、愛国心にも満ちていた。(他の多くの人と同じように)この国が外国の敵対する軍隊によって占領され、派閥主義と差別によって分断されていると見ており、その人生の半分を、自国に自由をうち立てるために捧げたのである。

 

 

------------------

故郷デリーとその住人への深い愛

ミッキー・デヴィン(Micky Devine)

デリー市出身の27歳。
6月22日にハンガーストライキを開始し、
60日後の1981年8月20日に亡くなった。

ミッキーはこう書いている。「わたしはクレガン礼拝堂で茶色の木箱を見つめて立っていたことを忘れない。わたしたちは悼んだ。アイルランドはわたしたちとともに悼んだ。その光景は、英国がとどまる限り決してアイルランドに平和が訪れないことをわたしに確信させるものだった。その棺を見て、わたしは一度も失われたことのない共和主義者の大義に身を捧げることを一層誓ったのである」

 

HOME > Irish > history
歴史
  
アイルランド歴史年表
アイルランド文献資料集
  
1867年 フェニアン宣言
  1916年 イースター宣言
  1919年1月21日 独立宣言 世界へのメッセージ 民主的プログラム
  
1921年1月 ブラック・アンド・タンズ
  
1972年 血の日曜日
  1972〜1989年 プラスチック弾・ゴム弾

  1981年 ハンガーストライキ

叛乱オンライン