Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Irish > RSF
IRELAND 共和主義シン・フェイン党 UnOfficial
 

ドーイヒー・オコナル

1938 -- 1991

 


ドーイヒー・オコナルは短い生涯に多くのことを成し遂げた。1938年にコークに生まれ、17歳のときに共和主義運動に参加した。1957年1月1日、パトリック・ピアース隊副司令官としてブルックバラ兵舎急襲を行なった。このとき、ショーン・サウス(Sean South)とファーガル・オハンロン(Fergal O'Hanlon)が殺された。彼は自由国軍に逮捕され、マウントジョイ(Mountjoy)刑務所に投獄され、後にクラー(Curragh)で拘留された。1958年9月、ライリー・オブラディとともに脱走した。

英国王室軍と戦っているときに、彼は狙撃されて重傷を負い、その後逮捕された。回復とともに8年の刑を宣告され、1963年9月に無条件釈放されるまでベルファスト刑務所にいた。

1969年、6州のナショナリストの人々が攻撃されていたとき、彼は共和主義運動を組織した一人であった。その運動は英国軍の勢力と対戦する地位を得るまでになった。

1970年、彼はニューヨークに渡り、アイルランド北部救援を開設する力添えをした。彼はエーレ・ヌア政策を立て、ジェームズ・マクディエル神父(Fr. James McDyer)とともにドネガル州グレンコラムキル(Glencolumcille)で働き、そこで教師をしていた。

彼は、1972年ロンドンで英国政府の代表者と会見して英国支配を終わらせようとした共和主義者指導部の一人でもある。彼は1972年と75年の間の2度の機会において共和主義指導部が英国を停戦協議に追い込んだとき、先導的な役目を果たした。逃走中、彼はプロテスタント牧師とのFeakle対話を調停することに精通していたのである。彼はまた1975年に投獄されて、投獄期間中に47日間のハンガー・ストライキを遂行した。釈放後、彼は国家Hブロック/アルマー州委員会で活動した。

前進する方法を見分けることにおける彼の並外れた政治的感覚は、ボビー・サンズが1981年のハンガー・ストライキ中にファーマナー/ティローン南部でのウェストミンスター選挙で戦うという彼の提案にも見られる。

1986年には、シン・フェイン党の一部が、レンスター議会(北部議会)へ参加して自由国を認めようという動きを見せたときに、彼は反対した。彼と残りの共和主義者は、共和主義シン・フェイン党として再編された。

祖国において生命が失われていることと、獄中で彼らが苦しみを味わっていることに深く心を痛め、彼は死の直前に「平和なアイルランドに向けて」という最後の文書を書いた。そのさまざまな性格、たとえば誠実さ、ユーモア感覚、大きな個人的勇気、他の人とのつながりのために、彼を知ることができた人すべてから忘れられることなく愛されることは間違いない。

――グレイヴサイド(Graveside)演説、1992年

 

 

------------------

「わたしたちは、アイルランド国民による
国会の開設があると信じている。
社会正義が真実のものであって
政治的な呼び込みに終わらないアイルランドには。
わたしたちの言語や文化が生活を強化するものであって
それが軽蔑や嘲笑の対象ではないアイルランドには。
過去の紛争の原因が記憶から忘れられ、
アイルランド国民が宗派と無関係に平和と繁栄の中に生きているアイルランドには」

-- ドーイヒー・オコナル、ボーデンスタウン演説, 1970年

 

HOME > Irish > RSF

目的 基本的立場 インタビュー
政策 Eire Nua Saol Nua 平和なアイルランド
  アイルランド共和主義 生産手段 宣言 立場 ブレア
党史 選挙声明 1905〜1956 1970分裂 1971 1986分裂 選挙禁止
人物:ジェームズ・コノリードーイヒー・オコナル

叛乱オンライン