Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Irish > Saoirse
IRELAND Saoirse & IRIS UnOfficial
 

自由への袋小路ウェストミンスター

 


------------------

5月1日の英国会のためのウェストミンスター選挙の結果如何を問わず、アイルランドにおける英国支配を認める暫定派の戦略に重要な変化があった。 .

もし選出されたならばウェストミンスター宮殿に「頻繁に」「二週間ごとに」出仕するという約束は、ベルファストのアイリッシュ・ニュース(4月2日号)で、「重大な戦略の変化」であり、英国議会への「完全参加への道をもう一歩小さく踏み出すもの」と書かれた。

この告知は、北ベルファストにおいて暫定派による武器の提示があってから二日後になされ、それはサンデー・トリビューン紙4月6日号が「ほとんど棄権しない党」と呼ぶような暫定派の動きを煙幕で隠すためだったのである。

共和主義シン・フェイン党が記者会見で述べ、5月1日以前に6州で配られたリーフレットで描かれたことを繰り返せば、シン・フェイン党が1905年に創設されたのは、アイルランドにおける政治的重心をウェストミンスターから取り除き、ロンドンから引き抜き、アイルランドに戻すためであった。

共和運動が始まったのも、同様に、英国議会から力を取り、英国支配から自由なアイルランド民主主義と全島の独立をうち立てるためであった。この立場から、「ウェストミンスターで政治的に参加する」ための選挙後にロンドンで事務所を開くという暫定派の約束との距離はあまりにも遠い。

実際、わたしたちが暫定派に見ているのは、反革命であり、アイルランドにおける革命の潮流をせき止めて憲法修正主義に逆流させようとするものである。

アルドイン(Ardoyne)で銃を公開し、英国で最近の分裂騒ぎを起こした人々は、まず第一にこれは何に導くのか、そして第2に、この行動を止めるために暫定派によってどのような言葉が考案されたのか、ということを尋ねる必要がある。

同じく、反革命路線に反対する他の人々を、暫定派が攻撃したのはどのような状況であったかを調べる必要がある。

暫定派の選挙姿勢の3つ目の特徴は、英国労働党への子供じみた信頼と、その力への見返りであったということだ。この英国労働党への全面的依存は、今世紀のアイルランドにおけるあらゆる理性と経験に反するものだ。人々が希望を抱くのは、再びそれらを粉砕することだろう。ここで質問させてほしいが、暫定派はわらにすがっているのではないだろうか?

英国労働党は1921年からの長い道のりをたどってきた。その当時の政策は、全アイルランドの自決であり、(1)少数派への保護があり、(2)アイルランドは英国への攻撃の基地として使われてはならない、というものだった。

1949年までに、アイルランド法を制定したのは英国労働党であり、ストーモントにおけるユニオニスト政権に対して、6州のいかなる憲法上の状態をも変えることについて断固として反対してきた。

彼らは1974年の不名誉なテロ防止法の責任がある。そして、ハロルド・ウィルソン(Harold Wilson)とマーリン・リース(Merlyn Rees)がジェームズ・カラハン(James Callaghan)とロイ・メーソン(Roy Mason)に変わった1976年、抑圧の時代が占領下アイルランドに与えられたのである。

ロング・ケシュのHブロック建設と政治的状況の撤退などの「犯罪化」政策、そして「正常化」政策と「アルスター化」政策が導入され、SASが南アルマー州に送られた。

アイルランドの自由への道は、ウェストミンスターの袋小路には通じていない。ウェストミンスターはアイルランドにとっての袋小路である以上、それによってつくられたレンスター議会とストーモントは、アイルランドの自由への障害なのである。

 

HOME > Irish > Saoirse

叛乱オンライン