Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Terrorist

世界のテロ組織と対テロ組織
Terrorist & Counter-Terrorism

 

オサマ・ビン・ラディン情報

Osama (Usama) bin Ladin(Laden)
 

英国オブザーバー紙の記事より。

 

●「本日、我々は報復した」

アフガニスタンとスーダンにおける合衆国軍事行動に関するクリントン大統領の声明
1998年8月21日金曜日

「本日、我が国の安全保障が脅かされたため、私は軍部に対し、アフガニスタンとスーダンのテロ関係施設を攻撃するよう命じた。

この新しいグローバルな時代に我々が直面している最大の危険の一つがテロリズムである、と私は何度も述べてきた。我々は先週、無辜のアメリカ人とアフリカ人の生命を奪い、数千人以上を傷つけたナイロビとダルエスサラームの大使館爆破で、そのねじくれた精神性による仕業を見た。

本日、我々は仕返しをした。

合衆国は、今朝、世界で最も活動的なテロ基地に対する攻撃を行なった。それはアフガニスタンにあって、オサマ・ビン・ラディンの影響を受けたグループによって操作されている。そのネットワークはいかなる国にも支援されていないが、我々の直面しているものと同じくらい危険である。

我々はまた、スーダンにある化学兵器関連施設を攻撃した。我々の標的は、テロリストの作戦基地・基盤施設であった。

我々の目的は、アメリカ人と無辜の人民を攻撃する彼らの能力を損なうことであった。

私はこの行動を4つの理由によって命じた。

第一に、我々はこれらのグループがケニヤとタンザニアの大使館爆破事件で鍵となる役割を果たしていたという証拠を持っているからである。

第2に、これらのグループは過去にアメリカ人に対してテロ攻撃を実行してきたからである。

第3に、わが市民その他に対して、アフリカであまりにも悲劇的であることを見た大量の犠牲者を避けることのできないさらなるテロ攻撃を、わが市民ならびにその他の人々に対して計画しているという確かな情報を我々は持っているからである。

そして第4に、彼らは化学兵器その他の危険な兵器を所有しようとしているからである。

テロリストの脅迫に直面しても、アメリカはその市民を守り、平和・自由・安全のための世界の戦いを導き続けていくであろうということに、テロリストは疑いを抱くことはできない。

現在、私はワシントンに戻り、国家安全保障チームによって最新情報についての説明を受ける。午後には、ホワイトハウスからさらに詳細な声明を述べることになるだろう。

たいへんありがとうございました」

 

HOME > Terro

【テロリズム】国際テロリズム テロ組織の類型
【対テロ】反テロイニシアチブ演説
【テロ組織】海外テロ組織1999年 詳細 オサマ・ビン・ラディン
【対テロ組織】日本SAT SIT SSTアジア・オセアニア 中東・アフリカ イギリス ドイツ フランス イタリア オランダ スペイン その他の欧州諸国 ロシア旧KGB系 ロシア内務省系 アメリカ合衆国 南北アメリカ諸国

オサマ・ビン・ラディン特集
■アメリカ大使館テロへの報復ミサイル攻撃
【経緯】・カウントダウン復讐憤る中東エリツィンヨーロッパ
【公式発表】・クリントン大統領国防長官と統合参謀本部議長国民への演説
【疑惑】・タイミング動機情報の混乱
【オサマ・ビン・ラディン】・第1の標的CIAの関わり
【化学兵器工場?】・薬品工場隠そうとしないクリントンは知っていたVXガス
【アフガニスタン】 ・新しい戦争ミサイル
■オサマ・ビン・ラディン
【アメリカ脅迫】・脅迫時間があるか?98年2月の「ファトワ」全文
【ABC独占インタビュー】・会いにいくインタビュープロフィール事件一覧米軍基地
【評論】・富+過激論
叛乱オンライン