Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Terrorist

世界のテロ組織と対テロ組織
Terrorist & Counter-Terrorism

 

オサマ・ビン・ラディン情報

Osama (Usama) bin Ladin(Laden)
 

英国オブザーバー紙の記事より。

 

●報復へのカウントダウン

1998年8月21日金曜日

8月7日:ナイロビとダルエスサラームの合衆国大使館の外で二つの爆弾が爆発。263人死亡、重軽傷は5000人以上。

クリントン大統領「これらの行為は忌まわしいものであり、非人道的なものである。我々は使えるすべての手段を使って、犯人に正義の鉄槌を下すであろう」

「我々は許さない、我々は忘れない。我々はあらゆる手段を講ずる」

8月9日:合衆国国務省マデレーン・オルブライト長官「合衆国は大変長く記憶し、大変遠くまで手が届く。人々は、これらのいかなる犯罪に対して、法的制限はまったくなく、合衆国は正義が行なわれるまで追跡し続けることを、人々は忘れるべきではない」

未知の団体、聖地解放のためのイスラム軍(The Islamic Army for the Liberation of Holy Places)が爆破の犯行声明を出し、イスラム教国から合衆国のアメリカ人と西洋人の軍を追い出すためにさらなる攻撃を誓う。

8月13日:ナイロビ爆破事件で死亡した10人のアメリカ人の遺体がワシントン郊外のアンドリュース空軍基地に戻る。ケニア警察とFBIエージェントは、5人を尋問していると発表。タンザニアは13人の外国人を尋問。

8月16日:爆破の中心的容疑者、モハメド・サディク・ホワイダー(Mohammed Sadiq Howaidah)が、アフガニスタンに入国しようとして、パキスタンからケニアに送還された。

尋問者は、ホワイダー氏とイスラム教徒テロリストでアフガニスタン住人のオサマ・ビン・ラディンとの関連を疑っている。パキスタン政府の情報筋は、国境を越えて5人の仲間が逃げたと信じていると発表した。

8月20日:クリントン、アフガニスタンとスーダンのテロリスト標的に対して軍事攻撃を命令。

 

HOME > Terro

【テロリズム】国際テロリズム テロ組織の類型
【対テロ】反テロイニシアチブ演説
【テロ組織】海外テロ組織1999年 詳細 オサマ・ビン・ラディン
【対テロ組織】日本SAT SIT SSTアジア・オセアニア 中東・アフリカ イギリス ドイツ フランス イタリア オランダ スペイン その他の欧州諸国 ロシア旧KGB系 ロシア内務省系 アメリカ合衆国 南北アメリカ諸国

オサマ・ビン・ラディン特集
■アメリカ大使館テロへの報復ミサイル攻撃
【経緯】・カウントダウン復讐憤る中東エリツィンヨーロッパ
【公式発表】・クリントン大統領国防長官と統合参謀本部議長国民への演説
【疑惑】・タイミング動機情報の混乱
【オサマ・ビン・ラディン】・第1の標的CIAの関わり
【化学兵器工場?】・薬品工場隠そうとしないクリントンは知っていたVXガス
【アフガニスタン】 ・新しい戦争ミサイル
■オサマ・ビン・ラディン
【アメリカ脅迫】・脅迫時間があるか?98年2月の「ファトワ」全文
【ABC独占インタビュー】・会いにいくインタビュープロフィール事件一覧米軍基地
【評論】・富+過激論
叛乱オンライン