Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > JAPAN

 

二・二六事件関連資料集

 

【二・二六事件】

1936年2月26日未明,皇道派青年将校22名が下士官・兵1,400名余を率いて起こしたクーデタ事件。皇道派青年将校は北一輝に接近,昭和維新の実現をはかり,武力による国家改造を計画,真崎甚三郎教育総監罷免,相沢事件など統制派の台頭に反発し第1師団の満州派遣を機に蜂起を決意。斎藤実内大臣,高橋是清蔵相,渡辺錠太郎教育総監を射殺し,鈴木貫太郎侍従長に重傷を負わせ,陸軍省,参謀本部,国会,首相官邸などを占拠,陸軍首脳に国家改造の断行を要請した。陸軍首脳は戒厳令をしいたが,海軍,財界がクーデタに反対であるのをみて弾圧に転換,「決起」「占拠」「騒擾」「叛乱」と反乱軍の規定も四転。29日反乱軍を鎮圧。首謀者や理論的指導者の北一輝らを死刑,皇道派関係者を大量に処分,統制派が実権を掌握。岡田啓介内閣は倒れ,軍の政治的発言権が強化された。

【皇道派】

日本陸軍内の派閥。荒木貞夫,真崎甚三郎らが中心。十月事件後荒木陸相は宇垣派を排除し,自派の派閥を形成。極端な精神主義で急進派青年将校の支持を獲得。相沢事件を起こし,二・二六事件で鎮圧されて衰退,統制派がかわった。

【統制派】

日本陸軍内の派閥。中心は旧桜会系統の参謀本部,陸軍省の中堅将校。クーデタによる国家改造を否定し合法的権力樹立のために政財界に接近,皇道派の派閥人事,クーデタ計画に強く反発。1934年陸相が皇道派の荒木貞夫から林銑十郎に交替後急速に優勢化,軍務局長永田鉄山を中心に皇道派を弾圧。二・二六事件で皇道派を一掃し軍の実権を握り,東条英機内閣で政権も掌握した。

 

 

蹶起趣意書

謹んで惟るに我神洲たる所以は、萬世一神たる天皇陛下御統帥の下に、擧國一体生々化育を遂げ、終に八紘一宇を完ふするの國体に存す。此の國体の尊嚴秀絶は天祖肇国神武建國より明治維新を経て益々体制を整へ、今や方に萬方に向つて開顯進展を遂ぐべきの秋なり

然るに頃來遂に不逞兇惡の徒簇出して私心私慾を恣にし、至尊絶体の尊嚴を藐視し僭上之れ働き、萬民の生々化育を阻碍して塗炭の痛苦に呻吟せしめ、随つて外侮外患日を逐ふて激化す

 所謂元老重臣軍閥完了政黨等は此の國体破壞の元兇なり、倫敦海軍條約並に教育総監更迭に於ける統帥權干犯、至尊兵馬大權の僭竊を圖りたる三月事件或は學匪共匪大逆教團等利害相結で陰謀至らざるなき等は最も著しき事例にて、其の滔天の罪惡は流血憤怒眞に譬へ難き所なり。中岡、佐郷屋、血盟團の先驅捨身、五・一五事件の噴騰、相沢中佐の閃發となる、寔に故なきに非ず

 而も幾度か頸血を濺ぎ來つて今尚些も懺悔反省なく、然も依然として私權自慾に居つて苟且偸安を事とせり。露支英米との間一触即發して祖宗遺垂の此の神洲を一擲破滅に墮らしむるは火を睹るよりも明かなり

 内外眞に重大危急、今にして國体破壞の不義不臣を誅戮して稜威を遮り御維新を沮止し來れる奸賊を芟除するに非ずんば皇謨を一空せん。恰も第一師團出動の大命煥發せられ、年來御維新翼贊を誓ひ殉國捨身の奉公を期し來りし帝都衞戍の我等同志は、將に萬里征途に上らんとして而も顧みて内の世状に憂心轉々禁ずる能はず。君側の奸臣軍賊を斬所して、彼の中樞を粉碎するは我等の任として能く爲すべし。臣子たり股肱たるの絶對道を今にして盡くさざれば、破滅沈淪を飜すに由なし

 茲に同憂同志機を一にして蹶起し、奸賊を誅滅して大義を正し、國体の擁護開顯に肝腦を竭し、以て神洲赤子の微衷を獻ぜんとす

 皇祖皇宗の神靈冀くば照覽冥助を垂れ給はんことを

    昭和十一年二月二十六日
                 陸軍歩兵大尉 野中四郎
                        外同志一同


現代語訳

謹んで思いめぐらしますに、我国が神州である理由は、万世一神である天皇陛下御統率のもと、国を挙げて一体となり、生々化育(自然が万物を育て、宇宙の運行を営むこと)を遂げ、ついに八紘一宇(世界を一つの家とする)を成し遂げる国体にあります。この国体の尊厳・秀逸さは、天祖(天照大神)が国をはじめ、神武天皇が建国したときから、明治維新を経てますます体制を整えており、今やまさに万国に向かって開顕進展を遂げるべきときであります。

しかし、このごろ、ついに不逞凶悪な輩がむらがり出て私心・私欲をほしいままにし、天皇陛下の絶対的な尊厳を軽視して身分を超えたおごりたかぶりが働き、万民の生々化育を阻害して、塗炭の苦しみにうめかせています。そのため、外国に侮られ、外患が日を追って激化しております。

いわゆる元老・重臣・軍閥・官僚・政党などがこの国体破壊の元凶であります。ロンドン海軍条約ならびに教育総監更迭における統帥権干犯、天皇陛下の兵馬の大権を身分を越えて盗もうとした三月事件、あるいは学者や共産主義者、大逆教団の国賊どもが利害において一致し、陰謀をめぐらしていたというのは最も著しい事例であって、その勢いの盛んな罪悪は、血を流すまで憤怒してもたとえることは難しいほどであります。中岡、佐郷屋、血盟団がさきがけて身を捨て、五・一五事件がわき起こり、相沢中佐が刀をきらめかせた
のも、本当に理由のないことではございません。

しかも、何度か首から血を吹き出すようなみそぎを経た今もなお、わずかのざんげ・反省もなく、しかも依然として私権・私欲を握って、まにあわせの一時しのぎに汲々としております。ロシア・支那・英・米との間は一触即発、代々の天皇がお残しになったこの神州を一投げで破滅に陥れてしまうのは、火を見るよりも明らかなことであります。

内外まことに重大危急、今、国体破壊の不義不臣を誅殺・殺戮して、御稜威(みいつ=天皇陛下のご威光)を遮り御維新を阻止してきた奸賊を刈り除かねば、皇謨(天皇の国家統治のはかりごと)をだいなしにしてしまうでありましょう。ちょうど今、第一師団出動の大命が発せられ、年来御維新翼賛を誓って国に殉じ身を捨てる奉公を望んできた帝都常駐の我ら同志は、万里の征途に上ろうとしておりますが、国内を顧みて、そのありさまを見るにつけ、憂いの心がどうしても抑えられません。君側の奸臣・軍賊を斬り除き、連中の中枢を粉砕するのは、我らの任務として全うすべきことであります。臣下であり股肱の臣としての絶対的な道を今尽くさなければ、破滅・零落を防ぐことはできません。

ここに同じ憂いを有する同志が機を一つにして決起し、奸賊を誅滅して大義を正、国体の擁護開顕に知恵のありたけを尽くし、それによって神州人民の真心を献上いたしたい。

皇祖皇宗(天皇歴代の祖先)の神霊、ねがわくば照覧たまわり、陰に援助をたまわらんことを

 昭和十一年二月二十六日
                  陸軍歩兵大尉 野中四郎
                         ほか同志一同


蹶起趣意書――二・二六事件で決起した将校が、その趣旨を示した文書。

 2月22日野中四郎が原文執筆、24日東京中野の北一輝宅で村中孝次元陸軍大尉が修正。

事件当日、陸省官邸で香田清貞が川島義之陸軍大臣の前で「陸軍大臣要望事項」とともに読み上げた。


【三月事件】

1931年3月,未発に終わった陸軍中堅将校のクーデタ計画。橋本欣五郎中佐ら桜会の幹部が計画,陸軍中央部の杉山元,小磯国昭,右翼の大川周明,社会民衆党の亀井貫一郎らが参画した。大衆デモで議会を包囲し,陸軍を動員して浜口内閣を倒し,宇垣一成内閣を出現させて国内改造を構想したが,計画不備と宇垣のためらいから挫折した。

【血盟団事件】

右翼団体によるテロ事件。井上日召を中心に一人一殺主義を唱える血盟団が組織され,1932年2月小沼正が民政党幹部で前蔵相の井上準之助を,翌月菱沼五郎が三井合名理事長団琢磨を相次いで暗殺。日召ら3名は無期懲役,他は有期懲役。同年5月の五・一五事件への口火となった。中曽根首相のブレーン/黒幕だった四元義隆はこの血盟団事件に連座している。

【五・一五事件】

1932年5月15日に起こった海軍青年将校を中心とするクーデタ事件。井上日召らと関係のあった海軍将校が⇒大川周明から資金援助を受け,陸軍士官学校生徒と協力,首相官邸,内大臣官邸,政友会本部,日本銀行,警視庁などを襲撃,犬養毅首相を射殺した。一方,⇒愛郷塾生の農民決死隊も東京近郊の変電所を破壊して戒厳令を出させ,その間,大川周明らによる改造政権の樹立を企図したが失敗。日本ファシズム台頭の契機となる。

【相沢事件】

1935年8月陸軍中佐相沢三郎が陸軍省軍務局長少将永田鉄山を斬殺した事件。皇道派の教育総監真崎甚三郎の罷免(ヒメン)に憤激した相沢は,統制派の巨頭永田を白昼斬殺した。軍事裁判で統制派を攻撃,両派の対立は激化した。二・二六事件後の36年7月死刑。

 

 

陸軍大臣要望事項

一、陸軍大臣は事態の収拾を急速に行ふとともに、本事態を維新廻轉の方向に導くこと。決行の趣旨を陸軍大臣を通じて天聽に達せしむること。

二、警備司令官、近衞、第一兩師團長及び憲兵司令官を招致し、その活動を統一して、皇軍相撃つことなからしむるよう急速に處置をとること。

三、兵馬の大權を干犯したる宇垣朝鮮總督、小磯中將、建川中將の即時逮捕。

四、軍權を私したる中心人物、根本博大佐、武藤章中佐、片倉衷少佐の即時罷免。

五、ソ國威壓のため荒木大將を關東軍司令官に任命すること。

六、重要なる各地の同志將校を即時東京に招致し事態收拾に當らしむること。

七、前各項實行せられ事態の安定を見るまでは、蹶起部隊を警備隊編入、現占據位置より絶對に移動せしめざること。

八、次の者を陸相官邸に招致す。
 二十六日午前七時まで招致すべき者
  古莊陸軍次官、斉藤瀏少將、香椎警備司令官、矢野憲兵司令官代理、
  橋本近衞師團長、堀第一師團長、小藤歩一聯隊長、山口歩一中隊長、
  山下調査部長
 午前七時以降招致すべき者
  本庄、荒木、眞崎各大將、今井清軍務局長、小畑敏四郎陸大校長、
  岡村寧次參謀本部第二部長、村上軍事課長、西村兵務課長、
  鈴木貞一大佐、満井佐吉中佐

 

 

緊急勅令

朕茲ニ緊急ノ必要アリト認メ枢密顧問ノ諮詢ヲ經テ帝國憲法第八條第一項ニ依リ一定ノ地域ニ戒嚴令中必要ノ規定ヲ適用スルノ件ヲ裁可シ之ヲ公布セシム

  御名御璽
    昭和十一年二月二十七日

※この勅令により、東京市内は戒厳令に入った。7/18まで。

 

 

臨變參命第三號

戒嚴司令官ハ三宅坂附近ヲ占據シアル將校以下ヲ以テ速ニ現姿勢ヲ徹シ各所屬部隊ノ隸下ニ復歸セシムヘシ

  奉勅
               參謀總長 載仁親王

※奉勅命令は天皇が直接下す命令。28日午前5時8分、原隊に戻らないと逆賊になるというこの命令が下ったが、反乱将校たちには届かなかった。

 

 

戒作命第十四號
命令(二月二十八日午後十一時 於戒嚴司令部)

二、叛亂部隊ハ遂ニ大命ニ服セズ、依テ斷乎武力ヲ以テ當面ノ治安ヲ恢復セントス

               戒嚴司令官 香椎浩平

※これが討伐命令。

 

 

下士官兵に告ぐ

一、今カラデモ遲クナイカラ原隊ヘ歸レ

二、抵抗スル者ハ全部逆賊デアルカラ射殺スル

三、オ前達ノ父母兄弟ハ國賊トナルノデ皆泣イ
  テオルゾ

 二月二十九日   戒 嚴 司 令 部


戒厳司令部が撒いたビラ。ラジオでも中村茂アナウンサーが、「兵に告ぐ、今からでも遅くないから原隊へ帰れ。そうすれば許される」という感涙窮まるアナウンスを流した。「今カラデモ遅くない」は流行語となった。

 

 

 

HOME > JAPAN
謀叛論 二・二六事件

叛乱オンライン