Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Irish > RSF
IRELAND 共和主義シン・フェイン党 UnOfficial
 

シン・フェイン党の立場

 


以下の声明は、1970年1月17日シン・フェイン党の管理執行部集会のために発行された。

 

 

------------------

わたしたちシン・フェイン党組織の管理執行部は、アイルランド国民に、最近のアルド・エイス代表のほぼ半数が1月11日のインターコンチネンタル・ホテルから「外に出」、ダブリンのパーネル・スクエア44番地ケヴィン・バリー・ホールでのアルド・エイスに集まったのかを説明したい。ここで彼らは、全アルド・エイスの再招集時のわたしたちを管理執行部として選んだ。

外に出たのは主に5つの理由からである。それぞれ、以下の段落で詳しく述べる。

 

 

------------------

議会の認識

シン・フェイン党組織は、その1905年の設立時から、常に英国議会がアイルランドを支配することを否定してきた。シン・フェイン党は、1920年の英国のアイルランド統治法と1921年の引き渡し条約によってアイルランド国民に強制されたストーモントとレンスター議会の二つに分断された議会を認めることを拒否してきた。

これらの英国政府機関へのシン・フェイン党の代案は、1919年1月に召集された全アイルランド共和主義ドーイルである。英国、6州、26州の議会から切り離し、全アイルランドに立法権を持ち支配する32州ドーイルの再招集に向かってアイルランド国民を率いることが、現在もシン・フェイン党の責務である。

1970年1月11日日曜日にインターコンチネンタル・ホテルにとどまった人々は、長年にわたるこのシン・フェイン党組織の基本原則をひっくり返し、現存する3つの議会に参加することを求めた。これらの議事に議席を得、参加することはそれを認めることになるということに、分別ある人々は躊躇なく同意するだろう。

外に出た人たちは、シン・フェイン党の綱領と規則に依っており、歴史的なシン・フェイン党の名前を出張する。一方、残った人たちは綱領を変え、国民運動を、投票ばかりを求める別の政党に変えてしまおうとしたが、うまくいっていない。

これらの変化を起こすために必要な3分の2以上の賛成を確保できなかったことから、彼らは過半数でもかまわないということをアルド・エイスに押しつけた。つまり、ウェストミンスター、ストーモント、レンスター議会を認めることを受け入れるような政策を、アルド・エイスに先駆けて持っていた「IRA指導部への忠誠を示すこと」を求めたのである。

32州に誠実な代表たちはそれを受け入れることができず、問題の解決が実行されそうになったため、彼らは解決できない場合に取ることのできる唯一の公開行動を取った――つまり、かれらは外に出て、別の場所でアルド・エイスを開いたのだ。

 

 

------------------

背景

これらの出来事の背景は、事件そのものとして知られているとおりではない。6年前、ある人々がアイルランド労働者党と英国のコノリー協会から共和主義運動に入った。1965年はじめ、「政治戦略・政策・組織を論じ、勧告を作成する会議」が開かれた。

1965年6月、臨時アルド・エイスに登場した10の問題点のほとんどは、シン・フェイン党にウェストミンスター、ストーモント、レンスター議会を認めるよう求めるという共通した特徴を有していた。 別のもの――それはまた撤回されたが、のちに開かれたアルド・エイスで受け入れられたもの――は、限定された目的を追求するために「他の過激団体との協力」を求めていた。これらの団体は、国境の一方の側の北アイルランド共産党、もう一方の側のアイルランド労働者党とコノリー青年運動、そして英国のコノリー協会であった。

15か月前、「議会」のアイデアがIRA会議で3対1の多数で否決され、「他の過激団体との協力」の継続はわずかな多数派によってすでに述べられ、一度ならず実行されてきたことであった。その後、共和主義運動の政策すべてを再び検討するために委員会が作られ、勧告が作られた。委員会は国中を旅行し、地元のセンターでその裏付けをとることになった。

1968年10月5日から国境の北側のデリーに始まり、1969年の前半を通して6州すべての地域で事件がエスカレートしたにもかかわらず、委員会は傍観者として外側に残り、事実を見なかった。ベルファスト、デリー、アルマー、ダンガノンその他の場所で起こった1969年8月のテロは、ついに7月の委員会報告でも見られなかったし、それについて考察したり規定するようなものも何もなかった。

 

 

公式な同盟

作られた勧告は次の二つであった。
(a)限られた目的を達成するための協力を含む「他の過激団体」との関係は、今や、段階が進められるべきであること。便宜上、それは「国家解放戦線」として知られている同盟として作られること。
(b)一定の条件などに従って、共和主義者の選出された代表者は、ウェストミンスター、レンスター議会、ストーモントに参加すべきこと。

アイルランド労働者党から運動に入った数名は、1965年の会議と1968〜69年の委員会で突出していた。実際は、1969年までに、彼らは数人の古い党員の援助を受けて、共和主義運動の「黒幕」と政策決定者となってしまっていたのである。特にその一人は、特定の社会的・経済的政策について新党員を教育し、従来の党員を再教育するという目的をもつとされた「教育部」を担当した。

運動と、基本的な共和主義者の立場に対する歴史的背景は、いうまでもなく、これらの教育コースには含まれておらず、そのため4、5年で多くの若い人々がアイルランド共和主義の基本的主義の多くを知らないままに共和主義運動に入ってきたのだった。1969年までに、浸透と引継のプロセスは、目に見えてほぼ完成に近づいたのだった。

 

 

極端な社会主義

極端な形態の社会主義も、上述の「政策決定者」によって彼らの目的のために運動に持ち込まれたことは疑いもない。これは、「出ていく」事件の遠因となっていた。パーネル・スクエアへ行ったわたしたちが全アイルランドの民主社会主義共和国を信じているあいだに、インターコンチネンタル・ホテルに残った指導部の究極的目的は、ほかならぬ左翼の全体主義的独裁になってしまっていたようだ。

すべてが「同じ究極の目的」のために活動しているのだから、「国家解放前線」が、結局のところ「過激団体」と呼ばれるものとの合併・併合も含んでいるということがはっきりしていた。そのあいだ、北アイルランド共産党とアイルランド労働者党の党員も含む合同教育クラスを開くということも述べられた。「われわれは実戦に強く理論に弱いが、その反対が彼らであり、彼らは理論においてわれわれを教育してくれるだろう」というのがその理由だった。

さらに、「黒幕」の意見の中には、コノリー青年運動があるのに共和主義者青年組織を創設する必要などなく、またコノリー協会があるのだから英国に共和主義者の"Clann na hEireann(クラン・ナ・ヘーラン)"の必要などないというものがあった。

クマン・ナ・ワン(Cumann na mBan)組織が運動から完全に追い出されたことに注目するならば興味深い。それは、1968年のボーデンスタウン行進にこれらの「過激団体」が参加することに反対したからである。スライゴー町のシン・フェイン党のクマンは、市長にしてのちの評議員ノーバート・ファーガソン(Norbert Ferguson)も参加していたが、1969年に解散された。地元のコノリー青年運動が毎年の復活祭記念行進で統一組織として行進しようとするのに反対したためである。共和主義者が聞かれたこともないような理由で切り捨てられたあと、新しいクマンが作られたが、それはほとんどコノリー青年運動から構成されていた。

この点について、アイルランド国民が自分たち自身の結論を出すよう任せたい。これらの「過激団体」に似た組織の管理下にあるような他の国々では、全体主義的独裁に終わったということを知っている。わたしたちは、アイルランドでは違う結果に終わるのだと信じることはできない。

 

 

内部の方法

「外に出た」代表たちは、当面の運動展開のための内部の方法や、アルド・エイスでの一般的な雰囲気に長らくうんざりしてきたのである、とわたしたちは信じている。

シン・フェイン党の北部ケリー州コワーレ・シェーンタール(Comhairle Ceantair)には13人のクマンと250人の会員、3人の地元の評議員がおり、メイ・ダリー(May Daly)女史(1923年ドネガル州ドランボーDrumboeで処刑されたチャーリー・ダリーCharlie Dalyの妹)や、1957〜61年のシン・フェイン党TDジョーン・ジョー・ライス(John Joe Rice)、古株の共和主義者でケリー州のフットボール選手ジョーン・ジョー・シーヒー(John Joe Sheehy)などの指導的人物がいたが、これは1966年、組織から追放された。そこにある問題は、ウェストミンスター、レンスター議会、ストーモントを認めないというケリー州の妥協のない立場であった。

コークとキルデアの他の党員が、この出来事を嫌ってやめた。わたしたちはすでにスライゴーの事件、クマン・ナ・ワンの件は取り上げたが、北部共和主義者について無視するわけにはいかない。ベルファストのジミー・スティール(Jimmy Steele)は、共和主義者であるがためにクラムリン通り刑務所で20年も投獄されてきたが、彼は昨年7月に追放された。マリンガーのピーター・バーンズとジェームズ・マッコーマックの再拘留のときに、演説で極左的方針を批判したからである。

昨年8月にデリー防衛協会議長となり、北部で市民権のためにきわめて活発に活動していた古株のもう一人の共和主義者、デリー市のショーン・キーナン(Sean Keenan)は、昨年12月、アメリカ旅行中に追放された。この行動について彼が最初に知らされたのは、ある友人が彼に4日のアイリッシュ・タイムスの古いコピーを見せたときであった。この記事は、共和主義運動からのかれの追放を報じていた。これは最も著しい例でしかない。

このすべては、「黒幕」――言い換えれば彼ら自身の思惑を抱いている者たち――に反対する特定の党員を追い出して、彼らがとって代わろうという計画の一部であることは間違いない。国中で、従来の共和主義運動には何の関心も抱いていなかった数名の熟年者たちが現在参加し、急速に影響力を持つ立場に置かれるようになっている。このような人々は、例外なく、すでに述べた「過激団体」とかつて関係を持っていた人たちである。

その手続きの基本的な方法は、究極の目的のみが唯一の原則であることだ、と述べられた。それ以外のすべては単なる戦略にすぎなかった――真実、公正、その他多くのことは、評議会では見かけだけだったのだ。アルド・エイスそのものでも、「認知」に反対の立場であると知られる代表者たちの入場に当たっては、細心の注意が払われていた。組織者がクマンは好意的あるいは漠然としていると報告した場所では、参加費用への領収書と代表カードはアルド・エイスの前日にもすでに配られていた。古参のクマンで「反対」として知られている者の参加費は、遅すぎたという弁解とともに払い戻された。ベルファストでは、昨年8月から「不活動」だったという理由で、3つの共和主義クラブが発言を拒まれた。この最後の口実について、わたしたちはここ6か月の状況を留意したうえで、それが妥当かどうかの判断は大衆にゆだねたいと思う。不活動であれる共和主義者などいなかったのではないか。この「認知」に反対する代表者たちへのいやがらせのすべてにおいて、常勤の組織職員の多くが過度に活動的であった。

 

 

北部を見捨てる

これは、「出ていった」ことに横たわる理由であった。昨年5月から繰り返された警告にも関わらず、充分な優先権がこの件に与えられなかった。その結果はあまりにもよく知られているので、列挙する必要もないだろう。運動の指導者は委員会にとりつかれて、その勧告を採用することにし、わが国民の防衛の準備について必要な注意は受け入れられなかった。わたしたちはこの件についてはこれ以上述べるつもりはない。北部のどのような観察者にも自明なことだからだ。この点について強い感情を抱いていることは付け加えておきたい。

 

 

ストーモントの廃止

ストーモント議会が英国政府によって完全廃止される危機にあった昨年8月、9月、10月、それを維持することに賛成しようというキャンペーンは、いかなる共和主義者の立場からしても完全に不可解である。

自由に対する将来のいかなる闘いにおいても、英国政府との直接対決をすること、すなわちアイルランド領にストーモント軍事政府が介在しないのが、きっと、ずっと望ましい。どんな事件においても、オレンジ結社の勢力ブロックを取り除くことは、きっと、後退ではなく前進であろう。

このとき採用された政策路線は、もちろん「黒幕」の別の産物であって、連中はこのときまでに本当に安全に述べることができると感じていたに違いない。

 

 

わたしたちの社会主義

この段階では、社会的・経済的問題についてのわたしたちの見解を述べておく必要があろう。「極端な社会主義」は、違いの重要な点の一つと考えられるからだ。

わたしたちの社会主義は次のようなものを考えている。通貨制度・商業銀行・保険会社・基幹産業・鉱山・建設地・漁業権の国有化。大牧場の部門。いかなる個人でも所有してよい土地の広さの上限。工業・農業・漁業・分配における大規模な労働者所有の共同企業の設定、ただし国の監督のもと、個人的決定権の余地を充分に残すものとする。信用組合の拡張と開発も含まれる。

インターコンチネンタル・ホテルにとどまった人々が求める軍事政府は独裁をもたらすものであり、北アイルランド共産党、アイルランド労働者党、コノリー青年運動と同様の道をたどることになる。

一例として、外に出て離れようとした数人の代表が猛攻撃されているあいだ、彼らはRTEカメラを叩こうとし、彼らに反対するだれも自由な発言を認められないということが示された。

わたしたちのは、コワル・ナ・ゴワーサン(Comhar na gComharsan)というアイルランド固有の伝統に基づく社会主義である。それは、労働者の所有権と、わたしたちのアイルランド人として、キリスト教徒としての価値に基づいている。これは近い未来に拡張して説明したいと考えている。

インターコンチネンタル・ホテルを去り、パーネル・スクエアに行った多くの人は、住宅行動委員会、国家水域復元連盟、土地連盟などのために熱心に活動してきた人々であり、これからも活動しつづけるであろう。わが国の衰退を阻止していく経済的抵抗運動が必要だと信じる。そして、わたしたちは、政治的・経済的・社会的・文化的なアイルランドの自由の目的を達成するために国民を組織化し続ける。

わたしたちは、6州における市民権のための闘いに参加してきたし、参加し続ける。

わたしたちは、強力な地方政治の出現を信じる。そして、現在のわたしたちの立場に対して、シン・フェイン党の地元の評議員の大多数の支援を得ている。わたしたちの目的をその中では達成不可能な英国の強制した現存の分断体制からの支援を引き出そうとする代わりに、32州構造を建設する。

 

 

誤った先入観

不確かで不正確な報告のため、一般に数々の先入観や印象を持たれている。

(a)わたしたちが「国境急襲」を推進する軍国主義者というのは正しくない。わたしたちはそれどころか、6州の国民を守るためのあらゆる努力を支援する。

(b)わたしたちは、粗野で旧式の政策を持つ「野蛮人」だともいわれるが、今やわたしたちに反対する人たちがそれにふさわしい。わたしたちが基本的原則を守りつつ、この声明文で概説した前向きの政策を信じているというのが、この点についての回答である。

(c)ウェストミンスター、ストーモント、レンスター議会を認めるつもりのある人々は「革新」であり、わたしたちが「伝統主義者」であるというのも、間違っている。これまで共和運動から分裂したほかの団体――クマン・ナ・ゲーヘール(現在のフィネ・ゲール)、フィアンナ・フォーイル、クラン・ナ・ポブラハタ、そしていうまでもなく北部ナショナリスト党――と同様に、議会の袋小路に陥って終わりをとげるのが精一杯だ。これこそ、1921年の「解決」を課し、50年後、その憲法の枠組みがアイルランド国民を失敗させて挫折感を感じさせた英国の糸なのである。自分の直感と過去からの経験を採用すれば、英国帝国主義に抵抗する国民の意思を強めるもの、その意志を弱めるものがはっきりとわかる。わが国民が完全な自由に向かって前進することをを妨げるように作られた機関に参加することは、その抵抗の意志を確実に弱める。

わたしたちに反対する人々との友好関係や会合は問題とならない、ということは、わたしたちは満場一致で賛成である。この点について、アルド・エイス前や開催中の彼らの態度は予期できるものであった。

1月10日土曜日の朝、アルド・エイス開幕日、ダブリンのある朝刊は、ある「北部指揮者」なるものの宣言を掲載した。そこでは、認知に反対する人々に触れて、「これら数人の不平家の分断戦術」「フィアンナ・フォーイルがすでにこのグループにエージェントたちの一人を植え付けることに成功したということが公にささやかれている」などとされている。このような侮辱戦術が使われ始めたのは早いうちからだった。土曜日の夜、委員会勧告をアルド・エイスの代表が考慮する以前に、すでに妥協した「軍事協議会」から代表者に提案を受け入れるよう勧める声明文が読み上げられた。それは暫定派軍事協議会とその支援者のいつもの強硬な用語で語られ、「もし彼らが誤りを主張するならば、彼らを扱うためにあらゆる感傷を捨てなければならない」と述べた。この独断的な態度は、おそらく、かつての「異端審問」と同じような価値があるだろう。

同じ新聞が、あとで「彼らが革命理論の段階を一段階進めた以上、彼らが「組織化」の後ろ二つを切り捨てたとしても問題ではなかった」と評価するとの認識を述べている。また、日曜日の夜、どんな政策をも実行しないような「少数派」は「出ていく」必要があったのだとも述べた。

1月11日日曜日以前の新しい議会主義者の態度について。それ以来彼らは、わたしたちの支援が全国的で決定的なものだと知った。彼らは今、彼らが守勢に入っている「分裂の癒し」について語っている。わたしたちは、この声明で明らかにした理由のために、彼らの申し入れを拒否する。わたしたちを分断したのは、根本的で根が深いと信じている。



わたしたちは、彼らがシン・フェイン党と自称することをやめるよう求める。この崇高な名称は、ウェストミンスター、ストーモント、レンスター議会に一度も属したことがない。彼らは、新しく設立された有効組織「国家解放戦線」か何か好きなように呼ぶものに加わればいいのだし、共和主義運動は放っておいてくれればいい。

アイルランドの状況におけるあらゆる理由と経験に対して猛烈に反対する指導者に従う人々に呼びかける。わたしたちは彼らにいう。「もう一度考えよ。ウェストミンスター、ストーモント、レンスター議会は、かつての共和主義者の善意で覆われている。明日では遅すぎるかもしれない。、未来に続く共和主義運動を支援せよ。もう一つの議会のを破壊するための努力を、まだ投げてはならない」

わたしたちは、ダブリン、ウィクロウ、その他いくつかの散乱した個人的地区のほか、ほとんどすべての州で共和主義者の支持を得ている。わたしたちは前進する。そのステップの一つは、AN PHOBLACHT(アン・ポブラハト、共和主義者)という新しい月刊共和主義新聞を創刊することである。創刊号は2月1日に発行されるであろう。

何年間にもわたって乗っ取りに巻き込まれた人々は、シン・フェイン党というすばらしい名前――どこにいてもアイルランド人から正直・高潔・誠実・国家的理想として尊重された名前――につけ込まれたのだ。今や、その傘は彼らから取り除かれた。彼らは暴露され、自らの道を取るアイルランド国民は彼らに対する評価を行なうことができる。

わたしたちは、その判断にゆだねたい。

 

HOME > Irish > RSF

目的 基本的立場 インタビュー
政策 Eire Nua Saol Nua 平和なアイルランド
  アイルランド共和主義 生産手段 宣言 立場 ブレア
党史 選挙声明 1905〜1956 1970分裂 1971 1986分裂 選挙禁止
人物:ジェームズ・コノリードーイヒー・オコナル

叛乱オンライン