Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Irish > RSF
IRELAND 共和主義シン・フェイン党 UnOfficial
 

シン・フェイン党

選挙檄

ウェストミンスター選挙、1955年

 


以下の文書は1955年にシン・フェイン党により出版された

 

 

------------------

1918年の選挙において、アイルランド国民は、圧倒的大差で英国とその議会がアイルランドを支配するという要求を拒否し、1916年の戦いで宣言されたアイルランド共和国を建国した。そのとき設立された共和国政府と国家は、後に英国によって覆され、国家は二つの国家的状態に分断された。アイルランド国民の主要な目的は、このように不法に破壊された共和国の復元である。

祖国の完全な自由と、平和・富・幸福のうちに暮らす市民権をうち立てるだけの力と能力が自らにあることをアイルランドの人々が再び信じることは、シン・フェイン党がこの選挙で12の議席すべてに挑み、6州にいるわが国民がそれぞれ自由にアイルランドのために投票する機会をつくることを可能にした。

シン・フェイン党の候補者は、全アイルランドのための共和国議会にのみ席を占めることを制約している。手続きの無意味さとをまったく別にしても、外国の議会に代表者を送ることは、法案作成の権限があるという形を認め、北部・東部のアルスター地方の人々を支配することを認めてしまう結果になる。シン・フェイン党候補者は、選挙の投票を求め、国家的理想――独立したアイルランド共和国の確立――を成し遂げるために前進している共和主義運動の代表者としてアイルランド国民の支援を求めるものである。

選挙で当選することは、シン・フェイン党はそれ自体が目的とは見なさないし、どのような結果であっても、共和主義者の決定をその目的に向かって前進させる効果を持つものでもない。共和主義候補者に対する投票者数の記録も、自由を満たし、完成するためのアイルランドの権利に対してどのようにであれ影響する国民投票のたぐいの性質を持つとは見なせない。その権利は譲渡することも裁くこともできないものであり、人口の一部分あるいは国民の多数による国民投票を通すような問題とされるべきではない。選挙の仕組みを通して、シン・フェイン党は、すべての選挙区の有権者に、この国の国民に、アイルランドへの忠誠を新たにする機会を与えることをめざし、共和主義者への国民の支援によって、候補者は、英国と世界に、この古く歴史のある国が完全絶対の自由と独立を得る権利を示す。

シン・フェイン党は、分離主義戦術に攻撃されてきた。シン・フェイン党の今日の目的は常に、分断された国家の中に思想・目的・行為の一体性を確保することである。頑迷さ、抑圧、分派主義はシン・フェイン党の計画に入っていない。共和主義政策はこれまでずっと、市民的・宗教的自由をアイルランド国家と市民一人一人に確保するものであった。

アイルランドとその資源のすべてはアイルランド国民のものである。シン・フェイン党は、アイルランド国民の同意によって、階級や信念とは無関係にその市民の利益のために国の資源を組織し、開発していく。英国によるアイルランドの占領が続くことは、このような発展を不可能にする。英国はアイルランドに効果的に「分割征服」という帝国主義的理論をうち立てることに成功しており、そのためアイルランド国民だけでなく国家の物質的資源さえも貧しくしているのである。

シン・フェイン党は、すべてのアイルランド人に呼びかける。過去のすべての意見の相違を忘れてほしい。そして、英国の占領に反対して国家的独立をうち立てようという決意を持つシン・フェイン党候補者を支援する行動をとってほしい。

ベルファストのダヴィス通りシン・フェイン党北部選挙委員会発行。ベルファストのクロマク印刷所印刷。 1918年の選挙において、アイルランド国民は、圧倒的大差で英国とその議会がアイルランドを支配するという要求を拒否し、1916年の戦いで宣言されたアイルランド共和国を建国した。そのとき設立された共和国政府と国家は、後に英国によって覆され、国家は二つの国家的状態に分断された。アイルランド国民の主要な目的は、このように不法に破壊された共和国の復元である。

祖国の完全な自由と、平和・富・幸福のうちに暮らす市民権をうち立てるだけの力と能力が自らにあることをアイルランドの人々が再び信じることは、シン・フェイン党がこの選挙で12の議席すべてに挑み、6州にいるわが国民がそれぞれ自由にアイルランドのために投票する機会をつくることを可能にした。

シン・フェイン党の候補者は、全アイルランドのための共和国議会にのみ席を占めることを制約している。手続きの無意味さとをまったく別にしても、外国の議会に代表者を送ることは、法案作成の権限があるという形を認め、北部・東部のアルスター地方の人々を支配することを認めてしまう結果になる。シン・フェイン党候補者は、選挙の投票を求め、国家的理想――独立したアイルランド共和国の確立――を成し遂げるために前進している共和主義運動の代表者としてアイルランド国民の支援を求めるものである。

選挙で当選することは、シン・フェイン党はそれ自体が目的とは見なさないし、どのような結果であっても、共和主義者の決定をその目的に向かって前進させる効果を持つものでもない。共和主義候補者に対する投票者数の記録も、自由を満たし、完成するためのアイルランドの権利に対してどのようにであれ影響する国民投票のたぐいの性質を持つとは見なせない。その権利は譲渡することも裁くこともできないものであり、人口の一部分あるいは国民の多数による国民投票を通すような問題とされるべきではない。選挙の仕組みを通して、シン・フェイン党は、すべての選挙区の有権者に、この国の国民に、アイルランドへの忠誠を新たにする機会を与えることをめざし、共和主義者への国民の支援によって、候補者は、英国と世界に、この古く歴史のある国が完全絶対の自由と独立を得る権利を示す。

シン・フェイン党は、分離主義戦術に攻撃されてきた。シン・フェイン党の今日の目的は常に、分断された国家の中に思想・目的・行為の一体性を確保することである。頑迷さ、抑圧、分派主義はシン・フェイン党の計画に入っていない。共和主義政策はこれまでずっと、市民的・宗教的自由をアイルランド国家と市民一人一人に確保するものであった。

アイルランドとその資源のすべてはアイルランド国民のものである。シン・フェイン党は、アイルランド国民の同意によって、階級や信念とは無関係にその市民の利益のために国の資源を組織し、開発していく。英国によるアイルランドの占領が続くことは、このような発展を不可能にする。英国はアイルランドに効果的に「分割征服」という帝国主義的理論をうち立てることに成功しており、そのためアイルランド国民だけでなく国家の物質的資源さえも貧しくしているのである。

シン・フェイン党は、すべてのアイルランド人に呼びかける。過去のすべての意見の相違を忘れてほしい。そして、英国の占領に反対して国家的独立をうち立てようという決意を持つシン・フェイン党候補者を支援する行動をとってほしい。

ベルファストのダヴィス通りシン・フェイン党北部選挙委員会発行。ベルファストのクロマク印刷所印刷。

 

HOME > Irish > RSF

目的 基本的立場 インタビュー
政策 Eire Nua Saol Nua 平和なアイルランド
  アイルランド共和主義 生産手段 宣言 立場 ブレア
党史 選挙声明 1905〜1956 1970分裂 1971 1986分裂 選挙禁止
人物:ジェームズ・コノリードーイヒー・オコナル

叛乱オンライン