Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Spy > Spy&CounterSpy

すんなり見るためのTip――サーチエンジンからここにとたどり着いたのなら、ここをクリックして、「スパイ&カウンタースパイ」日本語版ホームへ行くといい。このミラーサイトの全体を示している。

...

...

Spy & CounterSpy logo

基本を学ぶ……
Copyright ©1998 Lee Adams. All rights reserved.
 FBIは単なる警察ではない。それ以上のものだ。治安機関である。警察と治安機関には重要な違いがある。
 どの政府も治安機関を有している。治安機関の任務は、反政府活動を弾圧することである。それは、政府の第一の目標が権力を維持することだからだ。これは、ほとんどの政府が自国民を最大の深刻な脅威とみなしているということを意味する。
 治安機関が  ここからセキュリティサービスがやってくる。これは、異見や批評を弾圧するということだ。それは現状保持を意味している。それは、政府が国民の同意によって支配しているか否かに関わらず、政府が権力を保つということである。
 見回してほしい。政府が堕落すればするほど、その治安機関が汚くなるというのは自明の理だ。治安機関を「思想警察」と称するのは、真実からかけ離れたことではない。
 FBIは治安機関としての能力の内に、市民権への経緯を払ってきたという歴史は明らかに有していない。FBIの合衆国市民に対する違憲・違法な活動の記録は、調査のために労をとるならだれでも手に入れることができる。
 しかし、大局を見失ってはいけない。FBIは統制されていないのではない。逆に、それは非常に統制されている。FBIは政府の知識――と賛同――によって活動しているのである。つまるところ、FBIは、政府の治安機関なのだ。FBIは国民から政府を守る任務を有しているのである。
 嗚呼、国民は政府からのそのような防御手段を持っていない。今のところは。


...

...

このウェブサイトの
目標は、
自由と平等の
支援者に
技能を与えることで
土俵を平らに
することである。

ここで現実に起こっていること……
 このウェブサイトの目標――と Spy & CounterSpy の目的――は、土俵を平らにすることである。わたしたちの使命は、自由と公正を支援する人々に知識と技能を与えることである。わたしたちの目標は、人々に権限を与えることである。これはどういうことか? 理論的には、これは政府の専制に対する防御手段の取り方を人々に示すということだ。実際的には、対監視技能を人々に教えるということになる。
 誰が対監視技能を必要としているのか? 自由と基本的平等を心配するだれもが。これは、活動家、反対者、人権団体、ミリシア、愛国者、ジャーナリスト、宗教団体、草の根政治運動、ライター、少数者グループなどである。
 対監視技能は、FBIのような治安機関によって監視・干渉されることなく、(政治的その他の)目的を達成できる能力を与えてくれる。
 もし対監視技能を持っていなければ、あなたは目標を達成できないだろう。治安機関はそれを確かなものにしようとしている。実際、あなたはおそらく、自分の計画の秘密が保たれていて、体系的に妨げられていると気づきすらしないだろう。
 そろそろ目覚める時間である。


...

...

現状を脅かすような
議論や活動に
関わっている
いかなるグループも、
対監視部門を
つくるよう
考慮すべきだ。

目覚ましの音……
 もしあなたが、現状に挑戦するようなグループに関わっているなら、治安機関はあなたに関心を持っているだろう。あなたの目標がどれほど温和なものであっても、あなたは政府に対する政治的脅威とみなされる。事実上、あなたは思想警察によって監視の標的となっている。
 罪を犯していないということは、監視に対する防御になりはしない。
 スパイの証拠 レッスン#1――現状に挑戦するような議論や行動に関わっているいかなるグループも、対監視部門を持つべきだ。それは、どんな団体でもである。それはあなたのことである。選択の余地はない。違憲の問題ではない。好みの問題でもない。それはなぜか。
 あなたの敵は、あなたに対する隠密行動を行なっている。あなたのグループが生き残り、目標を達成するためには、あなたは自分自身をその隠密行動から守らなければならない。あなたが政府を敵と見なしていない、ということは重要ではない。いや、それは不適切だ。政府があなたを敵と見なしているというのがすべてである。
 この基本原則を把握しないなら、あなたのグループは凡庸に終わることを運命づけられてしまう。いかに高潔であろうと、その目標に到達することはない。ボードに対するボディチェックを避ける方法を知らずにプロホッケーをやろうとするようなものだ。目覚めよ、意気地なし。あなたの敵を意図的に攻撃するなど夢にも見たことがないからといって、相手があなたを最初の機会として慎重に損なう計画を立てていないということにはならないのである。
 これが意味することを理解するのは重要だ。治安機関――FBIを含む――は、「ビッグボーイの支配」にしたがって行動する。これは、彼らが維持のために活動し、勝つために活動するということを意味している。彼らは何も期待していないので、何の憐れみももたない。
 暴漢、暴れ者、反社会的行為者といったタイプの不愉快な人たちが世界に横行しているということを認識すれば、一つ賢くなれる。これらのタイプのかなり多くの割合が――予想できる通り――治安機関のために働いているのである。
 また、あなたはある人々を説得することはできないということを認めることでまた一つ賢くなる。


...

...

Logo

監視はどのように働くか……
 ほとんどの人々は、治安機関が4つの方法で――4つの別の目的のために――監視を行なうことを理解していない。それは、観察、浸透、妨害、威嚇である。これらの脅威はすべてあなたとその組織にとって致命的なものとなりえる。
 監視の脅威#1――観察。監視機関は、あなたを見張るために監視を行なう。彼らはあなたのやっていることを見る。あなたの接触者、メンバー、実行者、仲間、友人を発見する。彼らはあなたの計画を知る。あなたの会話を、陰謀を企んでいるあなたを逮捕するときの証拠として用いる。多くの人は、陰謀とは監視に巻き込まれたときに逮捕のための最も一般的な口実となることを理解していない。そう、何かの話題について話すだけで逮捕できるのだ。言論の自由は? 思想警察が周りにいるときにはない。
 監視の脅威#2――浸透。あなたについてよく知るために治安機関が監視を使うなら、あなたのグループにエージェントを浸透させるかもしれない。浸透は二つの理由で危険である。最初、浸透したエージェントは、情報提供者として活動し、あなたの計画を治安機関に警告したり、あとであなたに逮捕・強制・ゆすりができるような証拠をそろえるかもしれない。第2に、浸透したエージェントは内部工作員として行動するかもしれない。これは、あなたの目標を熱狂的に支援するようなふりをしながら、実際にはあなたに違法または無謀な行為をさせて、あなたが治安機関に逮捕されるような土台を作る。多くのグループは、考えてもみなかった違法行為に陥れられてきた。内部工作員が行なえる損害を少なく見積もってはならない。これはひどいゲームである。だからFBIはそれをやる。
 監視の脅威#3――妨害。治安機関は、あなた、あなたのグループ、その目的、その計画についてすべてを知るために、監視を用いる。彼らはこの情報を使って、秘密裏にあなたの計画を妨害することができる。最悪の時に最悪の進行をするように見えるが、あなたは本当の問題が何かということを知ることはできない。
 効果的な治安機関は、妨害能力の範囲が広い。汚い策略から暗殺部隊までにおよぶ。
 アメリカ市民のなかには、FBIが暗殺部隊を操作しているのではないかと疑い始めている人もいる。あの組織にとって、殺害を災難、事故、病気、犯罪行為、偶発事、自殺としてカモフラージュできるような状況を秘密裏に作り出すことはたやすいことだ、というのである。持続してきた草の根運動をつぶすのに、そのリーダーを交通事故で失わせる以上によい方法があろうか?
 監視の脅威#4――威嚇。治安機関は、あなたをコントロールするために監視を用いることができる。これはマインドコントロールの形である。FBIは現在、民兵(ミリシア)と愛国者団体の多くに対して、この戦術による成功を勝ち得ている。それは、恐怖が強力なツールだからである。あなたが監視下にあることを知ったら、あなたは何かをするのを恐れるようになる。FBIはこのマインドゲームを洗練されたレベルにまで高めている。あなたに自分たちの監視チームを目撃させたら、あとは月に1回かそこら登場するだけのことだ。あなたは恐れて、1日24時間の監視下にあるのではないかと考えてしまう。FBIは買ったのである。あなたは恐怖によって動けなくなる。監視のいくつかのターゲットには、年に二度姿を見せるだけで行動をとれなくしてしまうだろう。もちろん、これらのマインドゲームは、あなたが対監視技能を身につけて、監視のすき間を発見できるようになれば、何の効果もない。


...

...

Logo

対監視はどのように働くか……
 ほとんどの人々は、対監視で何を達成できるかをわかっていない。第一に、それは監視チームの存在を検知する能力を与えてくれる。これは、有罪にされかねないいかなる活動をもすぐに止めることができるということだ。しかし、もっと重要なのは、対監視技能であなたは自分の行動を覆い隠すことができるということである。あなたは作戦を監視チームについての知識なく遂行できる。これは、あなたのグループが敵の監視下にあっても目標を達成できるということである。
 対監視の強み#1――あなたの敵を検出する。もしあなたが監視チームの存在を検出できるなら、あなたは直ちに、有罪にされかねないどんな活動をも止めて、逮捕を避けることができるだろう。監視を検出できるということは、その他の方法では得られない安全のゆとりを得られることになる。
 対監視の強み#2――あなたの敵を妨げる。あなたが監視下にあると知っているということは、敵があなたの情報を集めようとする試みを妨害し始めることができるということだ。たとえば、あなたの車が盗聴されていると知れば、車の中で告発的な会話をやめることになろう。あるいはさらに、会話を一工夫して、監視チームに偽情報を与えることもできる。監視チームを検出できるということは、治安部隊を混乱・錯乱させる機会を与えてくれる。
対監視の強み#3――あなたの目的を達成する。監視を検出し、監視チームを妨害することはすばらしい業績だ。それであなたとそのグループは生き延びられる。しかし、それらは防御に徹している。あなたは、攻撃に転じなければ目標を達成できない。そして、対監視があなたに与える最強の利益とは、監視下にあってもあなたがやりたいことをやり続ける能力なのである。
 世界中で、数多くの諜報機関とゲリラグループが、あなたは敵の監視下にあっても作戦を遂行できるということを勝目してきた――そして治安機関はたいして賢明ではない。
 諜報機関とゲリラグループは、監視下においても生き残り――さらに繁栄する――ためのシステムを開発してきた。地下グループの多くは、すでに合衆国における作戦を実施するために、このシステムを用いている。
 それが働くわけ。  治安機関は、人々の間の通信を妨害することによってその目的を達成できるだけである。つまり、あなたと他の人の通信を見、読み、聞き、参加する彼らの能力を阻害することができれば、治安機関をうち負かせるということである。実際には、あなたはステルスを使って治安機関をうち負かせる。これは二つの方法で可能だ。
 ステルス法#1――もしあなたが対監視技能を有していれば、監視行動に存在するすき間を利用できる。つまり、監視チームがあなたを監視していない間だけ作戦行動を行なうということである。休みなく続く監視でも、漏れはある。もし、あなたを怯えさせて威嚇することを目的とした散発性のFBI監視下にあるのなら、あなたは莫大な空き時間を利用できるということになる。
 ステルス法#2――あなたが省略会話(elliptical conversation)に熟達しているなら、監視下でも通信することができる。省略会話とは、別の意味を持つ言葉による会話である。長いつきあいのある二人の会話は、一種の速記会話になることが多い。監視チームにはわからないが過去の共通の経験のある出来事について述べることで、二人の人間がお互いに隠された意味を伝えることができる。彼らはまた、暗号語を使って、彼らの会話の本当の意味を偽装することができる。


ここからどこに行くのか?
 監視が制限されない今日の世界において成功する鍵は、二つある――知識と技能だ。第一に、あなたはあなたの敵の能力についての知識が必要である。第二に、あなたは対監視行動における技能を必要とする。あなたはSpy & CounterSpyを読むことでその双方を得ることができる。実際、それがあなたの得る唯一の方法なのである。


...

Spy & CounterSpy

わたしたちの安心のためのスパイ学校


Back to Home Page

これは小さく表示。 企業としての形を維持することが、政府とその機関による干渉から自分自身を守ることのできる唯一の方法だとわかったので、ここに記しておく。企業としての形の法的土台は、異論、抗議、活動を抑圧するために当局が用いる監査攻撃その他の経済戦に対する最初の防衛線である。彼らはまた、"Spy & CounterSpy"は海外の諜報機関やテログループに出資されたものだという仮説を証明しようと決定している――しかし、私たちの団体の歳入と支出の記録の複式簿記が、熱心すぎる調査者や事件担当役員によって組み立てられた証拠に対する防御である。
内容について Copyright © 1988 Lee Adams. All rights reserved. 発行 Lee Adams Seminars. 娯楽と情報目的のみに提供される。"Spy & CounterSpy"と「私たちの安心のためのスパイ学校」と「人々にイエスと言わせる方法!」は、合衆国、カナダ、その他の国での登録商標である。Lee Adams Seminarsは、Here's-how, Right-now! Seminars Inc.の一部門である。
事務所: 3273 Tennyson Avenue, Victoria, British Columbia, Canada.
住所: PO Box 8026, Victoria BC, CANADA V8W 3R7.
電話: (250) 475-1450.
FAX: (250) 475-1460.
電子メール: reader_service@SPYCOUNTERSPY.com
電子メール暗号: 公開鍵については、工作員Xに訊くをクリックしてほしい。


HOME > Spy > Spy&CounterSpy

日本語版序文
基本を学ぶ私たちを信用できますか?
FBI車両監視12クラックできない電子メール 12官僚のツールキット
抵抗グループを始めよう秘密集会を開く危険を処理するデッドレターボックスを使うセルと通信するワンタイム・パッドを使う情報提供者を捕まえろ告発者になれ
税金抵抗の基礎監視暗号スパイ住所録FBIを打つセキュリティソフト
私たちについて政治的見解無料F9登録ワークショップ情報用語集
工作員Xに訊く

叛乱オンライン