Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Spy > Spy&CounterSpy

すんなり見るためのTip――サーチエンジンからここにとたどり着いたのなら、ここをクリックして、「スパイ&カウンタースパイ」日本語版ホームへ行くといい。このミラーサイトの全体を示している。

二重生活を送る上での
毎日の危険を処理する……

Copyright ©1998 Lee Adams. All rights reserved.
注 - Spy & CounterSpyはいかなる不法行為も認めず、許さず、促さない。この文書は情報、研究、娯楽、教育目的のみのために提示されている。「あなた」という単語は読みやすくするためだけに使われている。
...

 アメリカ独立戦争のヒーローやヒロインは、どこのだれもが圧制的な権力行使と圧迫に反抗する権利を持っているという深い信念を抱いていた。
 多くのアメリカ人は、今日、政府の圧制的な権力行使に抵抗することに積極的になるべきかどうか考えている。私の国は好きであるが、政府を恐れているだろうかと自問自答している人たちもいる。
 1つの質問に答えよ、そうすればあなたは両方に答えたことになる。
...
危険の要素
そこには危険が伴うか? イエス。現状を問題にしたり、挑戦したりする誰もが、当局による監視と弾圧の標的である。内密の行動に着手する誰もが、さらに大きな危険を受け入れなければならない。
アンダーグラウンド活動家としてのあなたの最初の義務はセキュリティである。あなたは敵の軍隊に――そして大衆に一般的に――知られないままでいなければならない。簡単に言えば、公開こそ、あなたがアンダーグラウンド活動かとして、あるいは都市ゲリラとして直面する最大の脅威である。この危険は3つのカテゴリーに分類される。
...
危険の源
 ありふれた日々の状況が危険の主な源である。多くの人々はこれを知って驚く。後悔の主な3つの原因は、
 第一に、悪いときに悪い場所にいること(警察がだれかほかの人を捜しているときに)
 第二に、治安機関によって注目されること(彼らが誰かほかの人を監視している間に)
 第三に、当局に通報されること(おせっかいあるいは詮索好きな隣人によって)。
 これら3つの状況を減らすかなくすかしなさい。そうすれば、二重生活を送る上での危険の98%が除去される。
...
あなたがここで学ぶこと
 この論文は、あなたが送らなければならない二重生活の危険性を最小にする方法を教える。この論文は、あなたが捕虜収容所に入らなくて済むのに十分な背景情報を含んでいる。我々のウェブサイトにある他の入門解説と一緒に読め、そうすれば計画を立てて内密の行動を実行し始めることがわかるだろう。


脅威 #1 ――
悪いときの悪い場所……

...
 うっかり、悪気なく調査に引っかかるという脅威がある。 あなたは、警察が誰かほかの人を捜している悪いときに悪い場所にいるだけだ。近くにいるならば彼らの興味を引き、終わってしまう。
 状況は、あなたの周りで不意に展開するかもしれない。彼らはコントロールができなくなって、さらに迅速になるかもしれない。それは、警察による任意の検問といった当たり前の出来事も含まれる。それより重大な状態としては、強盗、強奪、万引き、酔っぱらい運転取り締まり、挙動不審者、窃盗、小売り店内ビデオカメラその他がある。これらすべての状態においては警察が近づく。
 例。
 ケーススタディ  # 1。1998年10月――私は秘密の接触で会うことを予定していた。場所は、暗くなってすぐの市立公園の入口であった。私は、自分で監視を調べる時間を確保するために10分早く到着した。
 公園には小道が展開されている。それは都市でさまざまな地区を通りくねっている。 私には知るすべもないことだが、まさにそのとき、不良が近くのコンビニを襲っていた。彼は逃走のために小道を使った。
 私は車をとめて、待ち合わせ場所に歩いていき、監視されていないかどうかを調べた。 その区域が大丈夫だったことに満足して、私は車に歩いて戻った。突然、どこからともなく、大きい黒いセダンが影から出ていった。男が車から出て、公園に隣接した建物の暗い面に忍び寄った。彼は私を見てはいなかった。多分、それは挙動不審者、窃盗犯、あるいは麻薬関係の状況であると思った。
 闇の中での挑戦。 私が自分の車に近づいたとき、怪しい男は私に懐中電灯の光をあてた。彼はおよそ25ヤード向こうにいた。力強い声を使って、私は彼に「何かお手伝いできますか?」と呼び止めて尋ねた。
「警察だ」
「ああ、ごめんなさい」と私は叫び返した。「私にはわからなかった」
 私は、自分が隠すべきものを何も持っていないかのように、おびやかさないようにして彼に向かって歩き始めた。
 状況報告 私は多くのものが私ためになるようにしていた。私は身なりが良かった。私はスポーツコートとネクタイを着ていた――公園には少々着飾り過ぎていたくらいだ。そして私は、暗やみの中の見知らぬ人からの挑戦を受け入れようとしないと示唆するようなやり方で反応したところだった。これらすべての要因は、少しは警官の疑いを減らしたかもしれない。暗やみで接近したとき、彼はすぐに外に来て、強盗容疑者の可能な逃走ルートとして公園をチェックしていたのだと言った。
私はカバーを演じ、心配しているかのように振る舞い始めた。「あぁ、警告ありがとう。私はたまたまそこにいただけだ」
 要約。 心に思い描いてほしい。彼と私しかいない。人気がない道路で。工業地区で。暗くなってから。彼は凶器を持った強盗容疑者を探すため何でも聞き出そうとしている。手に負えなくなるのはすぐだ。
 彼の次の動き。 標準的な警察の手続きに従って、彼は今、容疑者から私を除外してそして私が何をしていたか理解する必要があった。結局のところ、ここで私は暗くなってから公園をうろついている。
 彼は身分証明書を求めた。私は運転免許証を見せた。それから彼は、何をしていたか尋ねた。
「カラオケを歌うために[バーの名前]まで行くところ」と、時計を見ながら答えた。9時20分前であった。
「それは“9時まで”始まらない」と私は続けた。「それで時間つぶしをしている」
 彼は微笑した。それから免許証を返して言った。「よろしい、あなたは24歳ではない。おやすみなさい」
 成功間違いなし。  これで、強盗容疑者は24歳の男性だとコンビニエンスストア事務員が語ったと想定してよかろう。 私は40代だ。
 教訓は? あなたは、状況がいつあなたを襲うか、決してわからないということだ。あなたはいつ、当局によって挑戦されるか予測できない。
 まことしやかな否定は、ルーチン的な挑戦が大きな対決に拡大しないようにする最善の方法である。アンダーグラウンド活動家として、あなたはすべてにおいて潔癖だという説明ができなければならない。私の場合、バックネットを持っていた。それは、カバーストーリーをバックアップする現実の出来事を意味するスパイ用語である。
 警官に、何を聞きたいかと告げよ。彼らの仕事を助けてやれ。大きな価値のあるカバーを演じろ。ステレオタイプであれ。彼らがあなたにレッテルを貼って分類すること、あなたをはまり役に当てはめることを容易にしなさい――そうすれば容疑者から除外してくれるだろう。
 私は土曜日の夜、ダウンタウンでカラオケを歌おうして彼と出くわした素朴なダンディであった。
 そう、そのとおり。
 彼らが欲するものを与えよ。 あなたのまことしやかな否認と、カバーにおける重要な構成要素は、当局にに「見いだす」べき何かを与えるはずである。個人的な性質の欠点、小さな違反を見つけさせよ。彼らはそれ以上めったに見ない。英国のMI6、ドイツのBND、フランスのDGSE、ロシアのKGB(現SVR)のような諜報機関は、何十年間もこのようなことをしてきた。それは多層の安全管理と呼ばれる。
 損害は? なし。私は、とあるアルファベット機関の内部告発者である接触予定者との密会を変更しただけだ。

まとめ
脅威――意外なときの警察からの挑戦。
防衛――まことしやかな否認。良いカバー。多層の安全管理。バックネット。
実装――よい格好。きれいに、きちんとせよ。礼儀正しくせよ。カバーを演じろ。ステレオタイプになれ。脅さないように振る舞え。


脅威 #2 ――
治安機関に気付かれる……

...
 治安機関が実際にだれか別の人を監視しているときに気づかれるという脅威がある。言い換えれば、あなたは監視オペレーションをたまたま通ってしまうのである。
 あなたが様々な人と会うあいだに、あなた自身が監視されている誰かと話していることがわかるだろう。監視チームは、あなたについて詳しく知ることを望むだろう。あなたが彼らの標的と連絡を取ったというまさにその事実は、彼らがあなたを監視下に置く十分な理由である。
 彼らはあなたにまだ何もしていないが、状況はあなたにとって非常に危険である。
 普通のわな。 このような状況は、他の活動家、都市ゲリラ、支部、ネットワーク、運び屋、仲介者、供給元、情報提供者、内部告発者、スパイ指導者などとの定期的相互作用の結果として簡単に生じうる。これらのどんな人手も、監視下にありえる――車、徒歩、技術的に。
 この脅威に対する防衛は、良いスパイ技術を使うことだ。
 密会を取り決めるには、Blunt-Modin法を使え。詳しくは、ホームページに戻って「秘密の会合をする」をクリック。
 DLB(デッド・レター・ボックス)を使え。詳しくはホームページに戻って「デッド・レター・ボックスを使う」をクリック。
 匿名の電子メールアカウントを使え。詳しくはホームページに戻って、「告発者になれ」をクリック。
 ワンタイム・パッドを使え。詳しくはホームページに戻って、「ワンタイム・パッドを使う」をクリック。
 監視の警報を認識するようにせよ。我々のウェブサイトのさまざまな文献、特に「FBI車監視」と「FBIを打つ」を参照のこと。他の論文とチュートリアルも間もなく来る。
 省略された会話を使え。転換とおとりを使え。誤情報を使え。これらすべての技能は、あなたが監視下にあっても秘密の仕事を続けることができるようにする。しかし、最も大切なのはあなたのカバーである。考えることのない一匹の羊のように見えるように。監視チームに、あなたは面白くないと思わせよ。
 万全。 たとえあなたが監視チームの存在を検出しなくても、良いスパイ技術良いカバーであなたは自由であり続けられるだろう。まぬけどもは、あなたが容疑者ではないということを確信するのに十分長い間監視するであろう――そして彼らは次に行ってしまうだろう。基本的ルールは、カバーを壊さないことだ。常に。彼らが聞きたいと思うもの――羊の鳴き声――を聞かせてやれ。彼らが見たいと思うもの――草を食っている羊――を見せてやれ。彼らが容疑者からあなたを除外するのを手伝ってやれ。
 以下、例。
 ケーススタディ # 2。1998年7月/8月。私の通常の接触の1つは、断続的な警察の監視下にあった。それは、彼女が時折、みだらな暗黒街タイプの連絡を持っているからである。彼女と私は電話によって何も論じなかった。会話のためには、行き当たりばったりの公園や、雑音の多いバーだけを使う。時々、メッセージを交換するのに、カットアウト(秘密接触を隠すための人物)や仲介者を使うこともあった。
 カバー? 私はまさに、「悪い女の子」にはまってしまった素朴な「ダンディ」であった。
 そうだ。そのとおりだ。
 多層の安全管理。 前の危険分析のように、まことしやかな否認とカバーという不可欠な要素は、当局に「見いだす」べき何かを与えるということを知っておくことは重要だ。個人的な性格の欠点や、些細な違反を見つけさせよ。それ以上はめったに見ない。諜報機関はこれを何十年もやってきた……それはうまくいくからだ。

要約
脅威――治安機関に気付かれる。
防衛――よいスパイ技術。信用できるカバー。多層の安全管理。


脅威 #3 ――
当局に通報される……

...
 おせっかい、詮索好きの隣人が当局に通報するという脅威がある。これらのいわゆる出所不明の手がかりは、思ったよりも頻繁に起きる。この脅威は、通行人、傍観者、目撃者、振られた恋人、しっと深い同僚からのものである。
 これはあなたの二重生活に対する最も危険な脅威の1つであるが、無力にするのが最も簡単な脅威でもある。
 答え? それは、良いカバーとまことしやかな否認。これは、あなたの属している見せかけや、何をしていたとしても罪に問われない説明を意味している。
 あなたの公の人物像は、秘密の人物像の活動に適切なカバーを供給していなくてはならない。もちろん、これが働くのは口を閉ざしている間だけだ。友人や恋人にあなたの活動を自慢してはいけない。飲み話でもしてはいけない。セルメンバーの中以外では、自分の政治的な意見を秘密として保て。
ケーススタディ # 3。 私がスパイ&カウンタースパイのウェブサイトのための調査報告のあいだに私が着手する研究は、私がする必要がある「重大な」接触にとっての良いカバーとなる。私の研究活動は、アルファベット政府機関、政府官庁の内部告発者、アンダーグラウンド組織の活動家、法執行とメディアにおける秘密の情報源、内報者、元軍人などからの情報提供者との会合・通信のあいだに、まことしやかな否定を提供してくれる。我々が本当に話していることは、もちろん、私と接触者との間にある。
 少し考えれば、自分が本当にやりたいことのためのよいカバーを提供するような、あなたのライフスタイルにおける活動を採用あるいは作り出すことができる。

要約
脅威――当局に通報される。
防衛――良いカバー。共同体の一部であれ。適合せよ。友好的にせよ。ステレオタイプであれ。もし可能なら、頑丈なバックネットを持て。


...

logo4.gif - 160x190 - 4922 bytes

わたしたちの安心のためのスパイ学校。


Back to Home Page

これは小さく表示。企業としての形を維持することが、政府とその機関による干渉から自分自身を守ることのできる唯一の方法だとわかったので、ここに記しておく。企業としての形の法的土台は、異論、抗議、活動を抑圧するために当局が用いる監査攻撃その他の経済戦に対する最初の防衛線である。彼らはまた、"Spy & CounterSpy"は海外の諜報機関やテログループに出資されたものだという仮説を証明しようと決定している――しかし、私たちの団体の歳入と支出の記録の複式簿記が、熱心すぎる調査者や事件担当役員によって組み立てられた証拠に対する防御である。
内容について Copyright © 1988 Lee Adams. All rights reserved. 発行 Lee Adams Seminars. 娯楽と情報目的のみに提供される。"Spy & CounterSpy"と「私たちの安心のためのスパイ学校」と「人々にイエスと言わせる方法!」は、合衆国、カナダ、その他の国での登録商標である。Lee Adams Seminarsは、Here's-how, Right-now! Seminars Inc.の一部門である。
事務所: 3273 Tennyson Avenue, Victoria, British Columbia, Canada.
住所: PO Box 8026, Victoria BC, CANADA V8W 3R7.
電話: (250) 475-1450.
FAX: (250) 475-1460.
電子メール: reader_service@SPYCOUNTERSPY.com
電子メール暗号: 公開鍵については、工作員Xに訊くをクリックしてほしい。


HOME > Spy > Spy&CounterSpy

日本語版序文
基本を学ぶ私たちを信用できますか?
FBI車両監視12クラックできない電子メール 12官僚のツールキット
抵抗グループを始めよう秘密集会を開く危険を処理するデッドレターボックスを使うセルと通信するワンタイム・パッドを使う情報提供者を捕まえろ告発者になれ
税金抵抗の基礎監視暗号スパイ住所録FBIを打つセキュリティソフト
私たちについて政治的見解無料F9登録ワークショップ情報用語集
工作員Xに訊く

叛乱オンライン