Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Spy > Spy&CounterSpy

すんなり見るためのTip――サーチエンジンからここにとたどり着いたのなら、ここをクリックして、「スパイ&カウンタースパイ」日本語版ホームへ行くといい。このミラーサイトの全体を示している。

用語集
Updated October 9th, 1998
Copyright ©1998 Lee Adams. All rights reserved.

諜報機関、治安機関、法執行機関、レジスタンス運動、ゲリラグループ、その他の地下組織が使う言葉や句。


...

Spy & CounterSpy

ACCESS AGENT(接近エージェント)――スカウトマン。勧誘員のために偵察を行う。
ACORN(ドングリ――諜報機能を実行している者の俗語。
ACTION DIRECTE(アクションディレクト)――フランスの地下組織。
AGENT(エージェント)――諜報機関あるいは治安機関の制御下にある人。
AGENT-OF-INFLUENCE(影響力あるエージェント)――標的グループのメンバーに影響力を持っている秘匿エージェント。
AGENT PROVOCATEUR(アジャン・プロヴォカトゥール)――熱狂的な支援を装い、行動や言葉を通じて標的に罪を犯すようそそのかす秘匿エージェント。
AIS――アルゼンチン諜報部。
AL AMN AL-KHAS――イラク治安機関。
AMAN――イスラエルの諜報機関の一つ。
AMERIKA――ナチスドイツを彷彿とさせるファシストUSAを指す反体制的比喩。
ANALYSIS(分析)――生情報について、その重要性を算定し、他の情報と対照することによって、結論を導くこと。
ASALA――アルメニアの地下組織(アルメニア解放のためのアルメニア秘密軍)。
ASIO――オーストラリア治安諜報組織。
ASIS――オーストラリア秘密諜報機関、ASIOの一部門。
ASSAULTER(襲撃兵)――強制侵入を行なう任務を有するSWATチーム隊員。
ASSET(資産)――エージェント。
AUM SHRINKYO(オウム真理教)――細菌・化学戦についての専門的知識を有する日本の地下組織。
AVB――ハンガリーの治安機関。Allami Vedelmi Batosag.
BACKSTOP(バックネット)――カバーストーリーやアリバイを実証するという明確な目的のための2人の間の取り決め。
BAG JOB(住居侵入)――秘密の侵入、押し入り(証拠をつかむための非合法家宅捜索.)
BAKIN――インドネシアの治安機関。
BATF――合衆国の治安機関アルコール・タバコ・火器局。the Bureau of Alcohol, Tobacco, and Firearms.
BETTY BUREAU(ベティ局)――FBIに全生涯を捧げた女性支持者を指すFBIの俗語。
BfV――ドイツの治安機関。Bundesamt fir Verfassungsschutz.
BIOGRAPHICAL LEVERAGE(伝記効果)――恐喝情報。
BLACK-FLAGGED(海賊旗)――逮捕された場合には、尋問されたり、さっさと撃たれることになっているエージェント・諜報局員。
BLACK PROPOGANDA(黒宣伝)――通常は誹謗中傷から成り立っている組織的中傷攻撃。
BLIND DATE(ブラインドデート)――未知の人と初めて会うこと。
BLOWBACK(逆流)――スパイ活動の意外な否定的結果。
BLOWFISH(フグ)――テキストのコンピューター暗号化のための数学的アルゴリズムで、パスワードがわからない場合には力ずくの総当たりによってしかクラックできないとされている。
BLOWN(吹かれた)――検知された。
BLUE-ON-BLUE――友軍砲火(誤爆)、同盟国間の不注意による敵対的な交戦。
BND――ドイツの諜報機関。Bundesnachrichtendienst. 文字どおりに訳せば連邦通信社。
BOX(箱)――英国治安機関MI5の俗語。
BREVITY CODES(隠語)――監視チーム員によって使われる婉曲語句。
BRICK AGENT(煉瓦エージェント)――出先機関内で働くFBIエージェント。STREET AGENT参照。
BRUSH CONTACT(ブラシ接触)――情報、書類、装置を渡す2人のエージェントの秘密で瞬間的な接触。
BRUSH PASS(ブラシ・パス)――ブラシ接触と同じ。
BSS――ベルギーの治安機関。
BUCAR――FBIの車。
BUG-ON-A-CHIP(チップ上のバグ)――合衆国のクリッパー・チップの俗語。
BUPO――スイスの治安機関。
BURNT(燃えた)――完全に暴露された。BLOWN参照。
BVD――オランダの治安機関。
CALL-UP(招集)――SWATチームが派遣された状況を意味する警察用語。
CANNON(大砲)――スパイによって提供された誘因を情報提供者、亡命者などに盗み返してやる泥棒。
CARIBINIERI(カリビニエリ)――イタリアの連邦反テロ警察。
CASE OFFICER(事例士官)――作戦士官、管制官。
CBI――インドの治安機関。
CHASE CAR(追跡車)――対象者を追う治安選抜隊あるいはボディーガードの車。
CHEATING(いかさま)――浮動交番(floating box)監視の間、標的の正面から標的に命令すること。
CHENG PAO K'O――中国の諜報機関。
CHICKEN FEED(家禽飼料)――二重スパイの信頼性を培う意図で二重スパイを通して敵に送り込まれた低級な情報。
CHOBETSU(調別)――日本の治安機関の一つ。
CIA――合衆国の諜報部。
CNT――危機交渉チームの略語。CNTは人質捕獲者や立てこもり犯のいる状態で警察に使われる。CNTという名称は不適切な名前である――彼らの本当の役割は交渉ではなく、SWAT部隊による襲撃を容易にするための諜報を得ること、また、迫った襲撃から犯人の注意を逸らすことである。
COMINT(コミント)――通信諜報(communications intelligence)の略語。
COMM――地下組織またはその一員からの小さいメモその他の書面。それらはタバコの包み紙、チューインガムの包み紙などに書かれているのが典型である。
COMMAND OF THE TARGET(標的展望)――監視対称への積極的な視覚的観察。歩行監視と車両監視で使われる。いかさま(CHEATING)と浮動交番(FLOATING BOX)を参照。
COMMANDO(コマンド)――不正規戦術を使う民間、軍、準軍事組織などの戦闘グループ。コマンドは個人、細胞、部隊、組織全体を意味することがある。
COMMIT(コミット)――コミット機能を遂行している監視スパイは、標的がとる(あるいは「約束」をした)方向を決定するためにある場所を監視する。
COMPROMISED(妥協した)――治安の資格に違反した。
CONG AN BO――ベトナムの治安機関。
CONSUMER(消費者)――諜報機関の分配リストに載っている人物や組織。製品(PRODUCT)を参照。
COOKED(でっち上げ)――敵の二重スパイを通して供給された、真性資料と偽資料の混合物。
COORDINATION DE LA SECURITE DU TERRITOIRE――アルジェリアの治安機関。
COUNTERESPIONAGE(対抗的スパイ活動)――自国、同盟国、市民に対するスパイ活動に従事している敵諜報機関の取り組みを妨げるよう意図された活動。
COUNTERINTELLIGENCE(対敵諜報活動)――自らの諜報機関への浸透・汚染を試みている敵諜報機関の試みを妨げたり、邪魔したりするよう意図された活動。
COUSINS(いとこ)――CIAを指す俗語。
COVER(カバー)――秘密作戦によって維持される人物像、職業、目的、活動、架空のイメージ。
COVERT ACTION AGENT(秘密工作エージェント)――自国に味方して全国の政治を新しい方向に向けるために働くスパイ。
CS GAS(CSガス)―催涙ガスの一形式、フルネームはortho-chlorobenzalmalanonitrile、警察、SWATチーム、軍によって使われる。
CSE――カナダのシギント諜報機関、「通信保全施設」(Communications Security Establishment)。http://www.cse.dnd.ca/
CSIS――カナダの治安機関。
CUT-OUT(安全器)――主役の安全性や匿名性を維持するために使われる仲介者。郵便箱(LETTERBOX)と同じ。
COURIER(急使)――書類、金などを配達する。
DAM――フランスの軍事諜報機関。
DANGLE(ぶら下がり)――他の側に浸透するために志願者になりすますスパイ。志願者(WALK-IN)も参照。
DARPA――合衆国の国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency)。
DATA RECOVERY(データ復元)――1998年以降合衆国から輸出されたすべての暗号ソフトに組み込まれたバックドアを指す官僚語。
DCSS――デンマークの治安機関。
DDIS――デンマークの諜報機関。
DEAD DROP(連絡情報の隠し場所)――通信、書類、装置が密かに置かれて、別の人が相手との間に直接接触することなく回収できるような場所。
DEAD-LETTER BOX(死んだ郵便受け)――dead dropと同じ。
DEAD-LETTER DROP――dead dropと同じ。
DECOY(おとり)――敵の注意をそらす。
DEEP-COVER AGENT(秘匿エージェント)――永続するカバー。
DEFECTOR(亡命者)――自分の市民権のある国を放棄した人。
DGI――キューバの諜報機関。
DGSE――フランスの諜報機関。
DIA――合衆国の諜報機関。国防情報庁(Defense Intelligence Agency)。
DIRTY TRICKS(不正工作)――治安機関または諜報機関によって遂行される秘密破壊活動。いたずらから暗殺に及ぶ。
DIVERSION(牽制)――敵の注意をそらす。
DLB(死んだ郵便受け)――dead-letter boxの頭文字。DEAD DROP参照。
DOPE BOOK(野球の記録や統計の載った本)――すべての発砲について、大気条件、射程、点火、的中・失敗の結果を記録する目的で、狙撃兵のライフル銃とともに保管されるノート。
DOPPELGANGER(ドッペルゲンガー)――そっくりさん。LOOKALIKE(そっくりさん)も参照。
DOUBLE-AGENT(二重スパイ)――同時に二つの敵対者に仕える(わかってそうする場合もある)。
DRY CLEANING(ドライクリーニング)――大道画家・車芸術家に退行する対監視・反監視活動。
DS――ブルガリアの治安機関。Drzaven Sigurmost.
DSD――オーストラリアのシギント機関。国防信号理事会(Defence Signals Directorate)。http://www.dsd.gov.au/
DST――フランスの治安機関。
DUBOK――ロシアのデッド・レター・ボックスの呼称。DEAD DROP参照。
E&E――逃亡・回避。
ELEMENT(分隊)――5人のSWATチーム。チームリーダー、偵察兵、後衛、二人の襲撃兵から成る。後衛は偵察兵を守り、12口径散弾銃で武装しているのが普通。襲撃兵は通常、ヘックラー・ウント・コッホ9mm MP-5軽機関銃を携行している。ASSAULTERも参照。
ELLIPTICAL CONVERSATION(遠回しな会話)――あることをいっているが、違うことを意味している。
EQUESTRIAN POSTURE(騎乗姿勢)――鞍に乗っているかのように直立して腕を伸ばした死体が死後硬直によって引き起こす効果。
ESPIONAGE(スパイ行為)――海外諜報機関による諜報の秘密収集。
ESS――環境上永続性のある戦略(environmentally stable strategy)の頭文字。戦略ゲーム理論で使われる概念。
ETA――スペインの地下組織「祖国バスクと自由」。
EVOC――緊急車両運転コース。バージニア州クアンティコのFBI学校で教わる。
FALN――プエルトリコの地下組織「民族解放軍」
FALSE FLAG RECRUITMENT(偽旗求人)――情報提供者、亡命者、エージェントなどを勧誘するときのスパイによる偽装。
FBI――合衆国の治安機関。
FDS――メキシコの治安機関の一つ。
FIBONACCI SYSTEM(フィボナッチ・システム)――1回パッド暗号のために使われる繰りあがりなしの加算システム。例えば、(fib)999 + 222 = 111。
FILLING(充填)――ものを連絡情報の隠し場所に入れる行為。
FLIP(転回)――車両監視作戦中に標的が行なうUターン。
FLOATING BOX(浮動交番)――標的の行くところどこにでもオペレーターのチームが封じ込めの箱を設置する監視方法。
FMLN――エルサルバドルの地下組織「ファラブンドマルティ民族解放戦線(Frente Farabundo Marti para Liberacion Nacional)」。
FOLLOW(後続)――監視チームが後続を実行するとき、彼らは移動する標的を尾行している。浮動交番も参照。後続が始まるのは、標的が見張り箱を出て、監視スパイが標的展望を達成するときである。標的展望も参照。
FOOTFALL DETECTOR(足音検出器)――歩く人を検出するよう設計された振動センサー。
FOUR-BAGGER(ホームラン)――FBI本部によるエージェント訓練。非難、転送、停止、見習いから成る。
FRA――スウェーデンの軍事信号諜報機関。
FREQUENCY FLOODING(周波数氾濫)――通常の電話を盗聴装置にできるようにするテクニック。
FRIEND(友)――調教者に情報を提供しているエージェント、情報提供者、モールの俗語。
FRIENDS(友人たち)――英国の秘密諜報機関MI6の俗語。
FRONT(フロント)――スパイとそのオペレーションのためのカバーを提供するために諜報機関や治安機関によって作られた合法的に見えるビジネス。
FSB――ロシアの連邦治安機関。対抗的スパイ活動任務を有する。
FUNKSPIEL――電子通信を行っているあいだの偽装。ドイツ語の「ラジオゲーム」という句から生まれた。
FUNNY PAPER(漫画欄)――諜報機関や治安機関の文書偽造・でっち上げ部門の俗語。
GCHQ――英国の信号機関、政府通信本部。http://www.gchq.gov.uk
GIA――アルジェリアの地下組織。
GID――イラクの主要諜報組織、Da' Irat al Mukhabarat al-Amah.
GRU――ロシアの軍事諜報機関、Glavnoye Razvedyvatelnoye Upravleniye.
GSS――イスラエルの治安機関(シン・ベトとも呼ばれる)
GUAN-XI(関係)――中国の諜報機関のための接近エージェント。
GUOANBU(公安部)――中国の治安機関の一つ。
GUSTAV WEBER(グスタフ・ヴェーバー)――ヒトラーの影武者。総統のボディーガードが所在を同盟者にもわからなくするために使われた。ヒトラーの死後すぐ、額を撃たれた。
HAMAS(ハマス)――パレスチナの地下組織。
HARD MAN(難しい男)――経験を積んだスパイ。敵対状況で生き延びることができる者、殺された者。
HARD TARGET(難しい標的)――活発に秘密を維持し、監視チームを発見したことを明らかにしないような監視標的。
HEZBOLLAH(ヘズボラ)――レバノンの地下組織。ラテンアメリカと主要な麻薬取引のつながりがあるとされる。
HONEY POT(密壺)――マタハリ(Mata Hari)、ワタリガラス、淑女、魔性の女。標的を落とすためにロマンスを使う女性エージェント。
HOOLIGAN TOOL(ごろつきの道具)――戸や窓をこじ開けるために消防署によって開発されたバールのような特殊道具。SWATチームも使う。
HOSTILE RECRUITMENT(敵対的勧誘)――非協力的な情報提供者、モール、反対党に潜り込んだ政治スパイエージェントに対して、脅迫や実力によって勧誘すること。
HUMINT(ヒューミント)――電子盗聴や通信傍受よりも人間を使って行う諜報活動。
HUNTING PACK(狩り一味)――監視チームの俗語。
IAKHBAL――組織犯罪と戦うイスラエル警察部隊。
ICBM――瞬時の穏やかな呼吸法(instant calm breath method )を指す頭文字。闘争逃走反応(パニック)を克服する方法。換気亢進も減らす。
ILD――中国の治安機関の一つ。
ILLEGAL(非合法)――外交特権の保護がない外国での諜報士官作戦。
IMINT(イミント)――画像諜報の頭文字。
INFORMANT(情報提供者)――監視チームに諜報を提供している標的グループの正規メンバー。
INTELLIGENCE OFFICER(諜報士官)――諜報機関の訓練された職員、給与従業員。
INTERPOL(インターポール)――国際刑事警察機構、参加している警察の諜報収集と調査活動を調節する国際的警察機関。
INVESTIGATIVE SPECIALIST(調査専門家)――監視スパイ(車両でも徒歩でも)を呼ぶFBIの名称。給与等級GS-7〜GS-10。SSG参照。
IRA――北アイルランドの地下組織。
ISTIKHBARAT AL ASKARIYA――リビアの軍事諜報部。
ITAC――ワシントン特別区にある国際テロリスト査定センター(International Terrorist Assessment Center)の頭文字。
JARKING――隠匿武器への妨害、しばしば武器を使用できなくする。
JETRO――日本の諜報機関の一つ。
JIHAZ AMN AL DAOULA――エジプトの治安機関。
JOE――秘匿エージェント。
JRA――日本赤軍、日本の地下組織。
KEMPEI TAI(憲兵隊)――日本の秘密警察。
KGB――Kometet Gosudarstvennoi Bezopasnosti.
K-LINE(K線)――SVR国内治安調査部門。
KOANCHO(公安庁)――日本の対敵諜報活動・治安機関。
L5――4096ビット暗号化アルゴリズム。
LADY(淑女)――密壺。
LAKAM(ラカム)――イスラエルの諜報機関の一つ(国防省)。
LEGEND(伝説)――秘匿エージェントの偽の経歴。
LETTERBOX(郵便受け)――仲介者として活動している人物。CUT-OUTも参照。
LINK DIAGRAM(リンク図表)――複雑な警察捜査や対抗的スパイ活動事件で分析されたつながり。問題解決マトリックス参照。
LLB――生きた郵便受け(live-letter box)の頭文字。諜報機関に転送される通信を受け取るために使われるアドレス。DLB参照。
LOOKALIKES(そっくりさん)――襲撃隊や監視チームを混乱させるおとり。
LSD――リセルグ酸ジエチルアミド の頭文字。1943年、スイスの製薬企業Sandoz社の研究者アルバート・ホフマン博士によって発見された幻覚薬。後に、人々をひそかに支配する方法を開発したMKULTRAプロジェクトのため、CIAによって独占された。多数の諜報機関や治安機関によって現在も以下の機能のために使われている。1.記憶障害。2.異常な行動によって信用を傷つける。3.情報誘導。4.依存創出。5.被暗示性。CIAの要請で、1954年、エリー・リリー・アンド・カンパニーは公的に利用可能な化学物質からLSDを製造する方法を開発した。CIAがMKULTRAに失敗したことから、この薬が研究室から逃れてしまい、CIAはこれを統制できなくなった。LSDはその後、若いアメリカ人の2世代を荒廃させた。CIAの士官も請負人も、今までに懲戒も罰も受けていない。
M-19――コロンビアの地下組織。
MASKIROVDA――合衆国スパイ衛星をだますために設計された偽装技術のロシア語名。CIAから核実験を隠すために、最近、インド防諜機関によって使われた。
MATA HARI(マタハリ)――密壺、魔性の女。
MBRF――ロシア諜報機関の一つ。
MERCURY FULMINATE(雷酸水銀)――PETNを爆発させるための起爆剤。PETN参照。
MI.5――英国の治安機関。K部門は対抗的スパイ活動、F部門は対破壊活動、C部門は機密政府基地の治安を任務とする。
MI.6――英国の諜報機関。
MICE(ネズミ)――「金銭感覚が自我をけがす(money ideology compromise ego)」の頭文字(標的を崩壊させるために諜報機関や治安機関が使う方法)。
MINI MANUAL OF THE URBAN GUERRILLA(都市ゲリラ教程)――ブラジルの自由の闘士カルロス・マリゲーラ(Carlos Marighella)による地下作戦マニュアル。41章。多くの国で禁止された。
MIN/MAX(最小最大)――戦略ゲーム理論の概念。
MITI(通商産業省)――日本の諜報機関の一つ。
MOLE(モール)――浸透エージェント。
MONTENEROS――アルゼンチンの地下組織。
MOSSAD(モサド)――専門的知識で有名なイスラエル諜報機関の一つ。文字どおりの意味は「研究所」。決して"the Mossad"とよばれず、短く"Mossad"と呼ばれる。
MST――土地を持たない田舎労働者運動、ブラジルの地下組織。
MUKHABARAT――リビアの諜報機関。
MUSLIM UIGHUR(ムスリム・ウイグル)――中国の地下組織。
NAICHO(内調)――日本の諜報機関の一つ。
NARCOTHERAPY HYPNOSIS(麻酔催眠)――CIA尋問者は囚人に配偶者と話していると信じさせるために催眠を使う。囚人は以下の手順に従って最初に調剤を準備される。1.意識不明にするために10mgのナトリウム・ペントサルの注射。2.20分待つ。3.10mgのbenzodrineを注射し、囚人がある程度まで覚醒と睡眠の中間状態に甦らせる。4.必要なら、ステップ3を繰り返す。尋問の終わりに催眠で誘発された記憶喪失が喚起される。
NEUROLINGUISTICS(神経言語学)――諜報機関と治安機関が、疑うことを知らない人間の標的を密かに操るために使った心理学の一部門。
NEUTRON BOMBARDMENT(中性子衝撃)――英国のMI.5、アメリカのFBI、ドイツのBfV、フランスのDSTのような治安機関によって、マイクロドットや、郵便手紙の見えない書き込みを検出するために使われた。もともとは英国の核兵器研究施設で、MI.5が使うために開発された。
NIGHTCRAWLER(大ミミズ)――酒、薬、セックスを使って汚染できるような政府職員、軍人などを探してバーやナイトクラブをうろつくタレントスカウト。タレントスカウトも参照。
NINJAS(ニンジャ)――SWATチーム員の俗語。
NITROUS OXIDE(亜酸化窒素)――雇われ暴力団による秘密侵入のあいだ、標的の気を失わせるために使われる麻酔吸入薬。
NMI――ノルウェーの治安機関。
NPA――フィリピンの地下組織「新人民軍」。
NSA――合衆国のシギント諜報機関・治安機関。国家安全保障局(the National Security Agency)。http://www.nsa.gov:8080/
NSS――ブルガリアの治安機関。
NSTL――FBIの国家安全保障脅威リスト。
OBS――クロアチアの諜報機関。Obavestajna Bezbednostna Sluzba.
OP――監視哨(observation post)。
OFFENSIVE PENETRATION OPERATION(攻撃的浸透作戦)――標的集団・組織内へのエージェントの潜入。
OFFSITE(敷地外)――出先機関から離れた場所にあるFBIの施設。
OG――最初の暴力団員(original gangmembers)の頭文字。現在30〜40代で、ストリート・ギャングにコカインとヘロインを供給する。
ONE-TIME PAD(1回パッド)――ランダムに生成された暗号数列(1回パッド)を平文に加えることで作られる破られない暗号システム。フィボナッチ・システムも参照。
OSA――公的秘密法、通常は政府のミスを国民から隠すことができるようにするための法律。
OUTRIDER(先導者)――標的が監視車両の浮動交番から外に出ないようにするための車芸術家。浮動交番も参照。
OVERT TARGET(公然標的)――注意を引いて、諜報機関や治安機関の力を消耗させようと故意に試みる。時折おとりとなる。
PARALLEL-LINE/INCIDENTAL-CAPACITANCE(並列線/偶発的静電容量)――事実上検出不可能な、電話・テレックス・通信の盗聴方法。
PAVEMENT ARTIST(大道画家)――徒歩で活動する野外監視専門家。
PEEP(のぞき見)――写真家。
PERIMETER SURVEILLANCE(周辺監視)――標的が特別な地域に入ったり離れたりしたときに、監視チームに警告するために使われる。
PETN――四硝酸ペンタエリトリトール。諜報機関と治安機関に好まれるプラスチック爆弾。雷酸水銀を参照。
PFLP――パレスチナの地下組織。
PHOTINT(フォティント)――写真諜報(Photo intelligence)の頭文字。
PICKET SURVEILLANCE(小哨監視)――標的がおそらく監視チームにとって興味深い活動に従事しているとき、時間と場所に焦点を当てる。要衝監視とも呼ばれる。杭垣の隙間にちなむ。
PICKUP(拾い上げ)――監視標的が監視場所内に最初に見つかったとき。
PINHOLE CAMERA(ピンホールカメラ)――ファイバーオプティック・レンズ付属品つきのビデオカメラ。
POSSE COMITATAS(民兵隊壮年団)――おおよそ民兵を意味するラテン語。
PROBLEM-SOLVING MATRIX(問題解決マトリクス)――格子ベースの表記システム。複雑な問題を扱うとき、警察調査者と対抗的スパイ活動士官によって使われる。
PRODUCT(製品)――諜報機関によって査定され、消費者に分配される準備の整ったた完成諜報。消費者参照。
PROFESSIONAL-NAME(専門名)――スパイの変名。
PROFILE STOP――警察による無差別引き留め・捜索。容疑者の人種、少数派状態、経済的地位、宗教、容姿、旅行状態、場所などに基づく。かつては少数者と貧しい白人に影響があったが、現在は、すべての合衆国市民を含むよう官僚によって拡大された。
PSB――中国の秘密警察機関の一つ。
PSIA――日本の治安機関の一つ。
PSYCHIC COMBAT(精神的戦闘)――2つの秘密の敵対者の間で行われる活発な心理戦状態。
PSYCHODYNAMICS(精神力学)――CIAの心理学的プロファイリング・システム。性格分析と共に使われる。
QUANG BO――ベトナムの軍事諜報機関。
QODS――イランの治安機関の一つ。
QRF――急速応答部隊。
RADINT――レーダー諜報(radar intelligence)の頭文字.
RAID――「急速査定・初期検出」の頭文字。人口密集地への生物・毒物・化学攻撃が疑われる場合、民間当局を支援する州兵のチームで構成される。
RAVEN(ワタリガラス)――密壺。
RCMP――アメリカのFBIに似たカナダの警察組織。王立カナダ騎馬警察隊の頭文字。RCM警察とも。
RCMP SECURITY SERVICE(RCMP治安機関)――RCMPの対抗的スパイ活動、対敵諜報活動、対テロリスト部門。RCMP特別部隊とも。
RED BRIGADE(赤い旅団)――イタリアの地下組織。
RENT-A-GOONS(雇われ暴力団員)――直接の肉体的対決がありそうなとき、筋肉支援として使われる素手の戦闘に熟達したスパイ。
RESISTANCE(レジスタンス)――民間地下組織。セル(1〜10人)、サークル(セルのグループ)、セクション(サークルのグループ)から構成される。
RG――フランスの警察諜報治安機関。Renseignements Generaux.
RING(輪)――スパイやエージェントのネットワーク。
ROSCOE(ロスコー)――ピストル。
RUSE DE GUERRE(戦略)――逃げ口上。
RZ――ドイツの地下組織。「革命セル」の意味。
SA――FBI特別エージェント(Special Agent)。
SAFEHOUSE(アジト)――敵に知られていない住居・隠れ家。
SAPO――スウェーデンの治安機関。
SASHA KVAP(サーシャ・クワップ)――第2次大戦の最後の数ヶ月、ヒトラーの掩蔽壕の中にいたロシア人モール。その後、1955年にKGBによって毒殺された。
SAVAK――イラクの治安機関の一つ。
SCIF――安全に区画化された情報施設(合衆国ジョージア州Fort Gillem)を指す頭文字。クリッパーが置かれている(噂では、中国諜報機関のエージェントがすでに浸透しているという)。
SEMTEX(セムテックス)――破壊活動やテロ作戦にふさわしい軍事的爆発物。
SECRET CLASSIFICATIONS(機密種別)――Confidential(機密)、Secret(極秘)、Top Secret(最高機密)、(SCI) Special Compartmentalized Information(特別区分情報)。
SERE――生存、回避、抵抗、脱出の頭文字。
SERVICING――連絡情報の隠し場所からものを取り除く行為。
SET UP(設置)――標的に対する監視を開始する。
SEVENTY-ONE YARDS(71ヤード)――FBI統計によれば、これは典型的な警察狙撃兵がつかまえる距離である。たいていの警察によって使われているSR60 .308狙撃ライフル銃は、最高射程600ヤードで設計されているが、たいていの警察狙撃手は400ヤード以上では容疑者に発砲しない。(もちろん、どんな距離においてでも殺害は殺害である)
SHIN BETH――イスラエルの治安機関(GSSとも)。
SHINING PATH――ペルーの地下組織。
SMERSH(スメルシュ)――KGB暗殺グループ。公式には解散されたことになっている。名称はロシア語で「スパイに死を」が語源。
SIDE――アルゼンチンの治安機関。
SIGINT――信号諜報(signals intelligence)(電子通信傍受)
SINN FEIN(シン・フェイン)――IRAの政治部門(政党)。
SIS――英国の諜報機関の一つ。秘密諜報部。the secret intelligence service.
SIT REP――状況報告(situation report)。
SIX(6)――警察官、パトカー、警察パトロールの俗語。犯罪共同体で警告として用いられる。
SLEEPER AGENT(寝ているエージェント)――活動していない秘匿エージェント。
SLUZBA BEZPIECZENSTWA――ポーランドの治安機関。SBとも。
SOFT TARGET(軟らかい標的)――訓練されておらず、監視を探していない、容易な監視目標。
SOG――特別作戦グループ(Special Operations Group)の頭文字。監視を行うFBIエージェント。これと対照的に、SSGは非エージェントから構成されている。SSG参照。
SOS――・・・−−−・・・。
SPECIAL BRANCH(特別局)――英国警察治安部門。
SPLASHED(はね返った)――クライアントの暗殺を許してしまったボディーガードのことをいう。濡れた任務(WET AFFAIR)を参照。
SPOOK(幽霊)――スパイ。
SPY(スパイ)――諜報機関、治安機関、警察機関、レジスタンス運動、ゲリラグループ、その他の組織のメンバーで、秘密の諜報収集活動に携わっている者。
SRI――ルーマニアの治安機関(チャウセスクの秘密警察の元職員で構成されていると噂されている)
SSG――監視専門家グループ(Surveillance Specialist Group)の頭文字。FBIが監視チームを呼ぶときに使う。調査専門家(INVESTIGATIVE SPECIALIST)、SOGも参照。
SSS――グルジアの治安機関。
StB――チェコスロヴァキアの治安機関。Statni Tajna Bezpecnost.
STINGBALL(針玉)――群衆を散らしたり、立てこもり犯を混乱させるため、SWATチームが使うスタン手榴弾。爆発するとき、ゴムの破片が散らばる。それは偶然にスティングボールで殺された犯人の死を隠すための標準的な警察の手続きである。
STREET AGENT(道路エージェント)――仕事で様々な場所に行くFBIエージェント。煉瓦エージェント(BRICK AGENT)参照。
SVR――ロシアの諜報機関の一つ。Slnzhba Vneshnei Razvedaki.
SWARMING(群れ)――監視スパイでその場をあふれるほどいっぱいにする。しばしば心理操作で、標的の環境を統制するための手段として用いられる。
SYNTHETIC HEMOGLOBIN(人造ヘモグロビン)――一酸化炭素探知器警報機で使われる成分。DARPAによって最近開発されて配備された放射能武器は、これらの警報機を爆発させるであろう。
TALEBAN(タリバーン)――アフガニスタンの地下組織。
TALENT SPOTTER(タレントスカウト)――接触エージェント(ACCESS AGENT)と同じ。
TARGET(標的)――監視の犠牲者、対象。
THERMAL IMAGER(熱画像装置)――熱感知監視ビデオカメラ・画面。
THREE Bs(3つのB)――酒(Booze)女(broads)賄賂(bucars)。FBIエージェントの3つの誘惑。(もしこの言葉の選択が女性読者の感情を害したとしても、これはFBIのエージェントによって創作されて使われる句であることを思い出してほしい。我々はただ報告しているだけだ)
THROW PHONE(投げ電話)――SWAT部隊が立てこもり犯に投げる携帯電話。
TRIADS――アジアの組織犯罪暴力団。
TRIGGER(引き金)――標的の空き車両、家、ガレージ、オフィス、レストランなどを見ており、目標が見つかると他の監視チームに警戒させる監視スパイ。
TUPAMAROS(トゥパマロス)――ウルグアイの地下組織。
UACB――FBI acronym for Unless Advised to the Contrary by the Bureau.
UNITED RED ARMY(連合赤軍)――日本の地下組織。
UNS――クロアチアの治安機関。Ured za Nacionalnu Sigurnost.
UNSUB――監視作戦における未知の対象(unknown subject)。
UOP――ポーランドの治安機関。
USSA――旧ソ連邦の圧制的な全体主義そっくりの合衆国、という意味の俗語。
VCP――車両統制ポイント(vehicle control point)
VEVAK――イランの諜報機関。
VICKIE WEAVER(ヴィッキー・ウィーヴァー)――おそらくFBIによって殺されたアメリカ市民。多くの関心あるアメリカ人にとっての象徴的事件。
WAHABI――サウジアラビアのイスラム教地下組織。
WALK-IN(志願者)――望まれていない志願兵。
WATCH-LIST(監視リスト)――定常監視の標的とされた人々。
WET AFFAIR――標的の死に終わる。SPLASHED参照。
WHEEL ARTIST(車芸術家)――車内で活動する野外監視専門家。
WILDERNESS OF MIRRORS(無数の鏡)――真実と嘘を切り離すことが不可能なほど複雑なスパイ作戦。
X RAYS(X線)――諜報機関と治安機関が、鍵をこじあけたり、ダイヤル錠の設定を推論するために使う。装置は標準的なブリーフケースの大きさである。
ZAPATISTA NATIONAL LIBERATION ARMY(サパティスタ国民解放軍)――メキシコの地下組織。
ZERO-OUT――武器の照準が的の中心点への命中を作り出す範囲。固定された照準のピストルは、通常25ヤードのゼロアウトである。狙撃兵ライフル銃の射程は、通常100ヤードのゼロアウトである。冷たい砲身ゼロ(cold barrel zero)とは、最初の(=冷たい)ショットが100ヤードで標的に当たるようにSWAT狙撃兵ライフル銃の目盛りを定めることをいう。次のラウンドは砲身加熱のために逸れるであろう。
ZHONGYANG LIANLUOBU(チョンヤン連絡部)――中国の諜報機関の一つ。
ZOU-HOU-MAN(ツォウ・ホウ・マン)――保護された標的へのバックドア接近(中国諜報機関によって使われる)。


Back to Home Page

これは小さく表示。 企業としての形を維持することが、政府とその機関による干渉から自分自身を守ることのできる唯一の方法だとわかったので、ここに記しておく。企業としての形の法的土台は、異論、抗議、活動を抑圧するために当局が用いる監査攻撃その他の経済戦に対する最初の防衛線である。彼らはまた、"Spy & CounterSpy"は海外の諜報機関やテログループに出資されたものだという仮説を証明しようと決定している――しかし、私たちの団体の歳入と支出の記録の複式簿記が、熱心すぎる調査者や事件担当役員によって組み立てられた証拠に対する防御である。
内容について Copyright © 1988 Lee Adams. All rights reserved. 発行 Lee Adams Seminars. 娯楽と情報目的のみに提供される。"Spy & CounterSpy"と「私たちの安心のためのスパイ学校」と「人々にイエスと言わせる方法!」は、合衆国、カナダ、その他の国での登録商標である。Lee Adams Seminarsは、Here's-how, Right-now! Seminars Inc.の一部門である。
事務所: 3273 Tennyson Avenue, Victoria, British Columbia, Canada.
住所: PO Box 8026, Victoria BC, CANADA V8W 3R7.
電話: (250) 475-1450.
FAX: (250) 475-1460.
電子メール: reader_service@SPYCOUNTERSPY.com


HOME > Spy > Spy&CounterSpy

日本語版序文
基本を学ぶ私たちを信用できますか?
FBI車両監視12クラックできない電子メール 12官僚のツールキット
抵抗グループを始めよう秘密集会を開く危険を処理するデッドレターボックスを使うセルと通信するワンタイム・パッドを使う情報提供者を捕まえろ告発者になれ
税金抵抗の基礎監視暗号スパイ住所録FBIを打つセキュリティソフト
私たちについて政治的見解無料F9登録ワークショップ情報用語集
工作員Xに訊く

叛乱オンライン