Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Terrorist

世界のテロ組織と対テロ組織
Terrorist & Counter-Terrorism

 

ドイツの対テロ組織
Deutchland

 

●GSG-9 連邦国境警備隊第9対テロ部隊
Bundesgrenzschutz Greszschutzgruppe

●設置
 1972年9月、「黒い9月」によるイスラエル人オリンピック選手暗殺を契機に、連邦内務省長官ハンス・デートリッヒ・ゲンシャーが連邦国境警備隊(BGS)に対テロ特別部隊編成を許可。
 軍事組織として編成。ボン郊外セント・アウグスチンに設置。当初188名。
 初代指揮官:ウルリッヒ・ヴェーゲナー
 1973年、緑色のベレー帽採用。

●任務
 可能であれば捕虜として捕まえることを目指す。
 要人警護でも重視されている。

●編成
 4個急襲部隊=各42名
   指揮部門
   5個SET(各約5名)=基本的作戦部隊
 支援部隊(HQ=指揮所を含む)
 情報部隊
 技術部隊
 武器部隊
 研究装備部隊
 整備補給部隊
 訓練部隊

 ヴァースバーデンの巨大コンピューター「コミッサー」と直結している。コミッサーは世界中のテロ組織の情報を常に追跡。手段・組織・人員・行動情報を収集。
 管区BGSヘリコプター航空団の支援も受ける。

●選抜条件
 志願を熱望する国境隊員で、体力・精神的に優秀。
 最低でも2年半はBGSに好成績で在籍していなければならない。
 最初の選抜コース(3日間)――2/3が落第。
  心理適正検査、耐久・射撃試験、体力測定、知能・一般常識試験、健康診断
  GSG-9士官面接
 5ヶ月間の初期訓練段階――10%落第。
  射撃、格闘術など、体力訓練と一定の技術訓練。
 3カ月間の最終的な訓練単位
  SETの割り当て部分としてのチームワークと突入戦術の特殊技能。

●訓練内容
 火器訓練――拳銃、狙撃銃、短期間銃。
  航空機、列車、船舶、大使館などの実物大模型を使用した戦術的訓練。
  航空機模型もある地下射撃場を保有。
 敵と近接して武器を奪取する技能
 片手射撃、作動不良排除要領、戦術的再装填要領、遮蔽物使用
 突入状況下による射撃、各種人質シナリオにおける精密射撃
 移動中の車両・ヘリコプター・ロープ効果中の射撃
 HALO(ヘイロー=高高度落下低高度開傘)
 HAHO(ヘイホー=高高度落下高高度開傘)
 パラシュート要領、潜水、破壊工作、爆発物解体処理(EOD)
 各種通信、応急手当、ヘリ降下、高速運転、警察科学、法律

 週50〜70時間が訓練に費やされる。
 1年に2回ほど部隊全員が資格試験。

 FBI、デルタフォース、英SAS、仏GIGN、イスラエルのサイェレット・マトカルと交換訓練。

●実績
1977年10月17日 モガディシオ空港ハイジャック事件で成功。

 

●SEK 特別作戦コマンド
Speziale-insatz Kommando

●概説
 ドイツ主要都市に編成。アメリカSWATに類似。
 GSG-9と同時期に設立。
 凶悪犯罪者の逮捕が主要任務。
 要人の集会周辺警備・国家施設の警備。
 政治的ではない状況での人質救出・要人警護を行う。

●訓練
 各種狙撃、ロープ降下、突入戦術、戦闘射撃、爆破突入技術、軍隊式格闘術、要人警護

 

HOME > Terro

【テロリズム】国際テロリズム テロ組織の類型
【対テロ】反テロイニシアチブ演説
【テロ組織】海外テロ組織1999年 詳細 オサマ・ビン・ラディン
【対テロ組織】日本SAT SIT SSTアジア・オセアニア 中東・アフリカ イギリス ドイツ フランス イタリア オランダ スペイン その他の欧州諸国 ロシア旧KGB系 ロシア内務省系 アメリカ合衆国 南北アメリカ諸国

叛乱オンライン