Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Terrorist

世界のテロ組織と対テロ組織
Terrorist & Counter-Terrorism

 

フランスの対テロ部隊
Francaise

 

●GIGN 国家憲兵隊対テロ部隊(ジージェン)
Groupement D'Intervention De La Gendarmerie Nationale

●設置
 1973年、パリのサウジアラビア大使館占拠事件をきっかけに11月編成。
 GIGN1=北フランス担当 パリ郊外メゾーン・アルフォール
  初代指揮官:プルートー中尉
 GIGN4=南フランス担当 モーン・デ・マルサン

 1975年 二つの司令部を統合。プルートー大尉の指揮。

●編成
 79年までに指揮官2名・下士官40名編成。

 突入部隊=3個部隊編成
  各部隊
   部隊指揮官
   警察犬手
   介入部隊5名×2
 3個班のうち、1個班は常に24時間態勢。30分以内にフランス内外に展開可能。

 84年に指揮官4名・下士官48名(4個部隊×12名)編成。
  フィリップ・マスレン大尉

●任務
 超凶悪犯罪者の護送、高官レベル要人警護、刑務所暴動への対処
 犯罪者やテロリストに狙われる可能性のある超重要施設警備(原発など)
 可能であれば射殺せずに敵を無力化することを選ぶ。
 フランス国内での各種人質籠城事件に国家SWAT部隊として出動。

●選抜条件
 国家憲兵隊での予備審査
 部隊指揮官の面接(意欲・忠誠心・GIGN任務の実行能力)
 1週間、100の選抜コース=持久力・敏捷性・射撃
  8キロ持続走(40分以内)
  50メートル競泳(15秒以内)
  7メートルロープ登り(7秒以内)
  ロープ降下能力
  全般的な協調性
  1対1で警察犬・GIGN格闘専門家に立ち向かう試練
  潜水テスト
  射撃=25メートルで70ポイント(拳銃)、200メートルで75ポイント(ライフル)
  不意打ちテスト(忠誠感情がない者を排除する)
  ※通常、1名のみが正式な訓練に選抜される。
 8カ月の実習期間=日頃の訓練内容と同じ
  作戦実行部隊の知識
  長距離、全力疾走、クロスカントリーなどの持久走
  空手と柔道は寸止めなし、全力で。隊員の多くは黒帯。
  格闘訓練=武装解除・即時捕獲要領
  スキー・山岳訓練(バレージュの陸軍第11落下傘師団課程で学ぶ)
  戦闘水泳隊員としての訓練
   75キロのダミー人形を引きずっての遠泳
   スキューバ、スキンダイビング(週4時間)
   セーヌ川水底に飛び込み、大型遊覧船の下にとどまる訓練(忍耐力と度胸)
   呼吸装置なしで水深18メートルの水底に飛び込み、文字板の問題を読んで回答。
   潜水中の潜水艦に出入りすることが可能
  空挺降下訓練(ポウのフランス降下学校)
   年5回の空挺降下、最低1回は水面降下。
  コマンド訓練
  ロープ降下技術が得意
   ロープ降下中の射撃、揺れを利用して窓から進入する振り子技術
  ヘリ投入技術=1カ月に1回
   地上、屋上、水中、ロープ降下、落下傘降下、吊り上げ回収要領
  高速運転技術訓練(ル・マン)
  精密射撃
   リボルバーで距離25メートルまでの横移動標的に2秒以内で命中
   25メートル先の6個の標的を5秒以内に失敗なしに排除
  ライフル
   距離200メートルで最低93点、隊員の多くは狙撃眼鏡なしで97点。
  毎日2時間の射撃、夜間射撃も行う。
  年間最低9000発のリボルバー射撃訓練、3000発以上のライフル射撃。
 精神訓練
  過去にGIGNが実施した作戦、心理学、仮想敵テロリストの組織方式の分析

●有名な出動事件
 1976.2. ジプチ共和国通学バス乗っ取り事件
 1978.1. クレーボー刑務所事件

 

HOME > Terro

【テロリズム】国際テロリズム テロ組織の類型
【対テロ】反テロイニシアチブ演説
【テロ組織】海外テロ組織1999年 詳細 オサマ・ビン・ラディン
【対テロ組織】日本SAT SIT SSTアジア・オセアニア 中東・アフリカ イギリス ドイツ フランス イタリア オランダ スペイン その他の欧州諸国 ロシア旧KGB系 ロシア内務省系 アメリカ合衆国 南北アメリカ諸国

叛乱オンライン