Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Theory > Guerrilla

都市ゲリラ・ミニマニュアル(都市ゲリラ教程)
The Minimanual of the URBAN GUERRILLA
by Carlos Marighella

 
都市ゲリラの武器
 

 都市ゲリラの武器は軽火器である。通常、それは敵から奪ったり買ったりしたものである。軽火器は簡単に組み立てられるもので、取り替えが自由自在であるものでなければならない。軽火器の利点は取り扱いが簡単で持ち運びに便利だということである。一般に軽火器類は銃身が短いものである。これは自動火器についてもいえる。

 自動・半自動銃器はたしかに都市ゲリラの戦闘能力を強めた。しかし、この種の武器の欠点はコントロールがむずかしく、その結果弾薬を無駄使いしてしまうことだ。自動火器は狙いを定めて正確に射撃してはじめて効果がある。訓練不足の者が使用すると弾薬浪費器になってしまう。

 今までの経験から、都市ゲリラの基本的な武器は軽機関銃でなければならないことが明らかになった。軽機関銃は市内でも射撃が簡単で威力があり、敵には非常に恐れられている。機関銃は現在広く行き渡っており、都市ゲリラにとって欠かせないものである。よって都市ゲリラは、その取り扱い方を熟知しておかねばならない。

 都市ゲリラにとって理想的な機関銃はイナ四五口径である。口径の違う他のタイプの機関銃も、弾薬の問題を別として使えないことはない。都市ゲリラの武器生産能力次第では、単一の機関銃を製造し同一規格の弾薬を使用することも可能である。

 都市ゲリラの各戦闘グループには機関銃を持った射撃の名手がいなければならない。他のメンバーはわれわれの標準装備である三八リボルバーを備えなければならない。三二型も便利だが、一発で敵の行動力を奪う点からは三八型のほうがよい。

 手榴弾と普通の発煙弾は、援護や退却用に使われるものだから軽火器のうちにはいる。

 銃身の長い武器は人目につきやすく、都市での持ち運びは困難である。銃身の長いものにはFAL、マウサー銃、ウインチェスター銃などの猟銃がある。

 散弾銃は近くから小さな標的を狙う場合に有効である。特に夜間、照準が定めにくい場合、下手な射手にも役に立つ。圧搾空気銃は狙撃手の訓練に便利である。バズーカ砲、臼砲も作戦に使われるが、それを使うには準備が必要であり、十分訓練された者が使用しなければならない。

 都市ゲリラは重火器を使用する作戦を立ててはならない。重火器は機動性と敏速性が必要とされる型の戦闘においては障害となるからである。

 手製の武器は、普通の工場で製造された最良の品質の武器と同じほどにその効果を発揮する。銃身を切った散弾銃でさえも都市ゲリラにとっては上等な武器である。

 都市ゲリラにとって鉄砲鍛冶としての仕事も基本的なものである。銃砲鍛冶として武器の手入れをし修繕をする。例外をのぞいて、ゲリラは有効な小型武器を作るために小さな仕事場を設けることができる。

 冶金と旋盤の仕事は、都市ゲリラが手製の武器を使う場合、基礎的な技術となる。

 都市ゲリラは、この武器製造と爆破や破壊工作の計画を組織的に行なわなければならない。これらに必要な物資は、実験している余裕がないから、その代用に習熟する前に手に入れる必要がある。

 火炎ビン、ガソリン、焼夷弾、カタパルトや臼砲、鉄・パイプや空カンで使った手榴弾、発煙弾、地雷、ダイナマイトや塩化カリのような通常の爆薬、プラスチック爆弾、ゼラチンカプセル、あらゆる種類の弾薬、これらは都市ゲリラの任務遂行に不可欠なものである。

 これらを入手する方法は、購入もしくは計画的な強奪である。

 都市ゲリラはこうした爆薬類を長く置かぬよう注意し、決められた任務を果たすためすみやかに使用したほうがよい。爆薬類は長く置くと事故のもとになるからだ。

 都市ゲリラの武器とそれをつねに装備する能力とが、ゲリラの戦闘力を決定する。

 近代的な武器を利用し、武器の使用法を工夫することによって、都市ゲリラは市街戦でのさまざまな戦術を可能にする。

 その一例として、ブラジルの都市ゲリラが銀行襲撃に機関銃を使用した時の工夫がある。

 同一規格の機関銃が大量に使えるようになれば、都市ゲリラの戦術は新たなものにかわるだろう。規格のそろった武器弾薬を使う戦闘グループは、その補給が十分なされれば、かなり高い戦闘能力を持つことができるだろう。都市ゲリラは、武器の性能を改善することによって戦闘力を高める。

 

HOME > Theory > Guerrilla
都市ゲリラ・ミニマニュアル
はじめに定義資質生きのびるか技術上の準備武器射撃戦闘グループ兵站技術技術の特徴緒戦の優位奇襲地理機動性とスピード情報決断目的
行動様式と性格襲撃銀行襲撃奇襲と潜入占拠待ち伏せ市街戦術ストライキと作業放棄脱走、武器・弾薬・爆薬の強奪・奪取・流用囚人の解放処刑誘拐破壊工作テロリズム武装宣伝神経戦戦闘を行なう分析負傷者ゲリラの安全七つの大罪大衆の支持都市ゲリラ戦争はゲリラの学校である

叛乱オンライン