Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Theory > Guerrilla

都市ゲリラ・ミニマニュアル(都市ゲリラ教程)
The Minimanual of the URBAN GUERRILLA
by Carlos Marighella

 
誘拐
 

 誘拐は、秘密の場所で警察の手先、北米人のスパイ、政治家、革命運動に敵対する札つきの悪党を捕縛しておくことである。

 誘拐は技獄されている革命家の仲間と交換・解放したり、軍部独裁の独房で拷問されている者を解放するために行なわれる。

 政治的に価値がない者を除いて、文化人、スポーツマン、その他の分野で有名な人物を誘拐することは、特殊な環境に規定された都市ゲリラの愛国的正当さと革命性を宜伝するのには効果的な形態である。したがって誘拐は大衆の同情や承認を獲得する。

 ブラジルに在住したり訪問したりしている北米人の誘拐は、わが国を収奪し、支配している合衆国に対する抵抗の表現である。

 

HOME > Theory > Guerrilla
都市ゲリラ・ミニマニュアル
はじめに定義資質生きのびるか技術上の準備武器射撃戦闘グループ兵站技術技術の特徴緒戦の優位奇襲地理機動性とスピード情報決断目的
行動様式と性格襲撃銀行襲撃奇襲と潜入占拠待ち伏せ市街戦術ストライキと作業放棄脱走、武器・弾薬・爆薬の強奪・奪取・流用囚人の解放処刑誘拐破壊工作テロリズム武装宣伝神経戦戦闘を行なう分析負傷者ゲリラの安全七つの大罪大衆の支持都市ゲリラ戦争はゲリラの学校である

叛乱オンライン