Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Theory > Guerrilla

都市ゲリラ・ミニマニュアル(都市ゲリラ教程)
The Minimanual of the URBAN GUERRILLA
by Carlos Marighella

 
都市ゲリラの緒戦の優位
 

 都市ゲリラ戦争の原動力は、独裁政権の軍隊や警察部隊との武力衝突である。この衝突では警察のほうが力は優っており、ゲリラのほうが弱い。しかし、都市ゲリラのほうが力が弱いにもかかわらず、攻撃側になるということだ。

 軍隊と警察側は攻撃されると、はるかに強力な部隊を集めて都市ゲリラを追撃し、壊滅しようとする。もし都市ゲリラが緒戦の優位を勘定に入れ、それを自らの火力の弱さと物資の欠乏を補うのに利用することを知っていても、彼にできるのは敗北を避けることだけである。

 緒戦の優位とは次のようなことである。

  1. 敵の意表をつくこと。
  2. 敵以上に戦場の地理を知ること。
  3. 警察やその他の抑圧部隊に優る機動性を持つこと。
  4. 敵を上まわる情報網を持つこと。
  5. 状況を適切指揮して優れた判断力を示すこと。そうすれば味方は皆勇気づけられ、躊躇などしないし、他方、敵は砲火を浴びて応戦できなくなるだろう。
 

HOME > Theory > Guerrilla
都市ゲリラ・ミニマニュアル
はじめに定義資質生きのびるか技術上の準備武器射撃戦闘グループ兵站技術技術の特徴緒戦の優位奇襲地理機動性とスピード情報決断目的
行動様式と性格襲撃銀行襲撃奇襲と潜入占拠待ち伏せ市街戦術ストライキと作業放棄脱走、武器・弾薬・爆薬の強奪・奪取・流用囚人の解放処刑誘拐破壊工作テロリズム武装宣伝神経戦戦闘を行なう分析負傷者ゲリラの安全七つの大罪大衆の支持都市ゲリラ戦争はゲリラの学校である

叛乱オンライン