Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Theory > Guerrilla

都市ゲリラ・ミニマニュアル(都市ゲリラ教程)
The Minimanual of the URBAN GUERRILLA
by Carlos Marighella

 
都市ゲリラの行動様式と性格
 

 あらかじめ掲げられた目的を達成するためには、都市ゲリラは技術的な問題として、できる限りそれぞれ異なった、さまざまに変化した活動に順応しなければならない。都市ゲリラはあれこれの行動様式を勝手きままに選んではならない。あるものは単純であるだろうし、他のものは複雑であるだろう。だが、未経験の都市ゲリラは簡単なものから複雑な行動や作戦に移行する過程で組織されねばならない。したがって完全に経験を積んだゲリラ戦士になるまでは、小さな部隊や任務から始めた方がよい。

 いかなる行動を起こす時にも、行動を遂行するための方法や人間の配置を考慮しなければならない。技術的な準備を要する行動や作戦は、巧緻な技術に欠けた人間では遂行できない。これらに注意しつつ、都市ゲリラが遂行しうる行動様式は次の通りである。

  1. 襲撃
  2. 奇襲と潜入
  3. 占拠
  4. 待伏せ
  5. 市街戦
  6. ストライキと作業放棄
  7. 脱走、捕獲、武器・弾薬・爆薬の奪取・流用
  8. 囚人の解放
  9. 処刑
  10. 誘拐
  11. 破壊工作(サボタージュ)
  12. テロ
  13. 武装宜伝
  14. 神経戦
 

HOME > Theory > Guerrilla
都市ゲリラ・ミニマニュアル
はじめに定義資質生きのびるか技術上の準備武器射撃戦闘グループ兵站技術技術の特徴緒戦の優位奇襲地理機動性とスピード情報決断目的
行動様式と性格襲撃銀行襲撃奇襲と潜入占拠待ち伏せ市街戦術ストライキと作業放棄脱走、武器・弾薬・爆薬の強奪・奪取・流用囚人の解放処刑誘拐破壊工作テロリズム武装宣伝神経戦戦闘を行なう分析負傷者ゲリラの安全七つの大罪大衆の支持都市ゲリラ戦争はゲリラの学校である

叛乱オンライン