Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Terrorist

世界のテロ組織と対テロ組織
Terrorist & Counter-Terrorism

 

オサマ・ビン・ラディン情報

Osama (Usama) bin Ladin(Laden)
 

英国オブザーバー紙の記事より。

 

●急襲のタイミングが疑惑を招く

By Mark Tran in New York
1998年8月21日

ブッシュ政権の間の国務省上級官僚ローレンス・イーグルバーガーは、昨日、アフガニスタンとスーダンでの合衆国攻撃を、「正しい種類のメッセージ」を送るものと述べたが、そのような行動はもっと早くとられるべきだったと望んだ。

セックススキャンダルから国民の目を逸らすために大統領が海外危機を演出する映画「ウワサの真相(ワグ・ザ・ドッグ)」のシナリオにクリントン氏は従ったのかと聞かれて、イーグルバーガー氏は答えた。「彼の政権の安定を確かにするためにこんな単純なことをするとは思えないが、彼の利益にはっきりと跳ね返っている」

上院諜報委員会の共和党員、アーレン・スペクター上院議員は、クリントンが疑いの免除を与えなければならないといいつつも、二つの攻撃のタイミングについての疑義を示した。

「我々は、テロに対してひじょうに力強く反応する必要があるが、私は、そうするための証拠となる土台を持っていなければならないと思う。矛先を変えたいという動機がまったくないのかどうかについて、真っ先に持ち上げるべき明らかな問題がある」

もう一人、軍事委員である共和党上院議員ダン・コーツは、クリントン氏を日和見主義と告発した。「大統領はかつて合衆国民に対する信頼のきずなを壊した……それは、彼がやっているか、やっていないかについてのすべての疑問を呈している。もし合衆国民にとって難しくないなら、彼の損なわれた大統領任期を継続することが危険であるという理由である」

下院議長ニュート・ギングリッチは、攻撃を事前に知らされていた人物だが、この行動を賞賛した。

「我々は、この組織と戦ってそれを切り裂くことに全力を注いでいるのであると認める必要がある」

 

HOME > Terro

【テロリズム】国際テロリズム テロ組織の類型
【対テロ】反テロイニシアチブ演説
【テロ組織】海外テロ組織1999年 詳細 オサマ・ビン・ラディン
【対テロ組織】日本SAT SIT SSTアジア・オセアニア 中東・アフリカ イギリス ドイツ フランス イタリア オランダ スペイン その他の欧州諸国 ロシア旧KGB系 ロシア内務省系 アメリカ合衆国 南北アメリカ諸国

オサマ・ビン・ラディン特集
■アメリカ大使館テロへの報復ミサイル攻撃
【経緯】・カウントダウン復讐憤る中東エリツィンヨーロッパ
【公式発表】・クリントン大統領国防長官と統合参謀本部議長国民への演説
【疑惑】・タイミング動機情報の混乱
【オサマ・ビン・ラディン】・第1の標的CIAの関わり
【化学兵器工場?】・薬品工場隠そうとしないクリントンは知っていたVXガス
【アフガニスタン】 ・新しい戦争ミサイル
■オサマ・ビン・ラディン
【アメリカ脅迫】・脅迫時間があるか?98年2月の「ファトワ」全文
【ABC独占インタビュー】・会いにいくインタビュープロフィール事件一覧米軍基地
【評論】・富+過激論
叛乱オンライン