Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Terrorist

世界のテロ組織と対テロ組織
Terrorist & Counter-Terrorism

 

オサマ・ビン・ラディン情報

Osama (Usama) bin Ladin(Laden)
 

ENN Daily Intelligence Report -02/21/97-Vol.3, No.052より。

●サウジの反対者、原理主義支援者がアメリカを脅迫……

By Amy Grant, ENN Correspondent

シカゴ(ENN)――英国テレビドキュメンタリー番組「特派(Dispatches)」とロイター通信社によれば、国外追放された反対者でイスラム原理主義テロへの財政家であるオサマ・ビン・ラディン(Osama Bin Laden)が、サウジアラビアの合衆国軍を脅迫したという。アフガニスタンからのテレビインタビューで、ビン・ラディンは、ダーランのホバル・タワー(Khobar Towers)高層住宅の1996年の攻撃と、1995年11月のリヤド予備部隊への攻撃は、「ワシントンへの警告」として実行されたと述べた。ビン・ラディンは、すべてのアメリカならびに同盟国の軍隊が直ちにサウジアラビアから撤退しない限り、合衆国将校へのさらなる攻撃で脅かし続けるつもりである。

ERRI分析家はこう述べる。ビン・ラディンは同様の警告を1996年の終わりごろに発し、合衆国軍がラマダンのイスラム神聖月の終わりまでに撤退しないなら攻撃を起こすと脅迫していたが、それは起こらなかった。今回のインタビューは、ビン・ラディンがそれを実行するという脅しを発表したものであると考える専門家もいる。

「もしビン・ラディンが公的に『攻撃がある』と述べるなら、私は、合衆国軍はその脅しをまじめに受け取るべきであると言いたいのです」と、シカゴの危機管理対応研究所のクラーク・シュターテン(Clark Staten)重役は述べる。シュターテンは、12年以上テロ問題を研究・分析・報告してきた人物だが、ビン・ラディンは、対テロ集団のあいだでは有名な「非常に危険な宗教的熱狂者」であり、おそらく中東とアジアの一部におけるテロリズムの最重要独立支援者であろうと述べる。

「ビン・ラディンによる最新の脅迫は、イランまたはシリアがダーラン兵舎爆撃に関与しているという合衆国の告発を混乱させる目的があるかもしれません」「これらの行動に責任があると実際に認めることによって、ビン・ラディンは 近々、近い将来にありえるアメリカの報復行動を不明瞭にすることができる、あるいはまた出し抜くことができると感じているのかもしれません」とシュターテンは付け加えた。

シュターテンによると、ビン・ラディンのようなテロ財政家は最近の傾向である「無国籍戦闘」の一部であろうともいう。この戦闘においては、イラン、イラク、シリア、リビア、スーダンその他の特定できる国家の反乱目標と方針は、「否定できる」政治的宗教的熱狂者の専門的合同チームによって遂行される。これらのテロリストは、テロ行為実行後、簡単にシンパ国家の民間人に溶け込み、合衆国やその同盟国が追跡したり、事実上残虐行為を「合法的」に許可・後援した国家に対する行動をとったりすることをほとんど不可能にするのである。

シュターテンによると、ダーラン爆破その他の最近のテロ行為におけるFBI捜査が直面したような困難は、この傾向の結果として生じている状況で説明できるとい。これはまた、最近のテロ事件のいくつかで、どのグループも犯行声明を出していない理由でもあるという。「攻撃の前にそれとわかる集団/グループはありませんし、攻撃のあとにそれとわかる集団/グループもありません……彼らは、計画と作戦行動のあいだに区別できる組織としてしか存在しないのです」とシュターテンは述べる。「このため、検出・防止・気遣いが難しくなっています……そして、犠牲となった国家が『戦争行為』と考えられるものに合法的に報復を行なう公的能力を制限してしまいます」とシュターテンは締めくくった。

(C) Copyright, EmergencyNet NEWS Service, 1997. All Rights Reserved.

 

HOME > Terro

【テロリズム】国際テロリズム テロ組織の類型
【対テロ】反テロイニシアチブ演説
【テロ組織】海外テロ組織1999年 詳細 オサマ・ビン・ラディン
【対テロ組織】日本SAT SIT SSTアジア・オセアニア 中東・アフリカ イギリス ドイツ フランス イタリア オランダ スペイン その他の欧州諸国 ロシア旧KGB系 ロシア内務省系 アメリカ合衆国 南北アメリカ諸国

オサマ・ビン・ラディン特集
■アメリカ大使館テロへの報復ミサイル攻撃
【経緯】・カウントダウン復讐憤る中東エリツィンヨーロッパ
【公式発表】・クリントン大統領国防長官と統合参謀本部議長国民への演説
【疑惑】・タイミング動機情報の混乱
【オサマ・ビン・ラディン】・第1の標的CIAの関わり
【化学兵器工場?】・薬品工場隠そうとしないクリントンは知っていたVXガス
【アフガニスタン】 ・新しい戦争ミサイル
■オサマ・ビン・ラディン
【アメリカ脅迫】・脅迫時間があるか?98年2月の「ファトワ」全文
【ABC独占インタビュー】・会いにいくインタビュープロフィール事件一覧米軍基地
【評論】・富+過激論
叛乱オンライン