Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Terrorist

世界のテロ組織と対テロ組織
Terrorist & Counter-Terrorism

 

オサマ・ビン・ラディン情報

Osama (Usama) bin Ladin(Laden)
 

英国オブザーバー紙の記事より。

 

●エリツィンは空襲を弾劾

From staff and wires
1998年8月21日

ボリス・エリツィン大統領は、スーダンとアフガニスタンのテロ施設とされたものへのアメリカの攻撃を強く弾劾し、合衆国の行動を「不作法だ」と述べた。

しかし、大統領のスポークスマンは穏やかな表現で、エリツィンは爆破に先立って知らされなかったことに対して動転しているのだと述べた。

「私は憤慨し、[爆破を]非難する」とエリツィンが述べたのは、バレント海の海軍演習に出席するために北のムルマンスク空港に到着したときだった。

「私はこの攻撃が実施されることを知らなかった。それは、全世界が知らなかったということを意味する。そして、これは攻撃をいっそう不作法なものにした」とエリツィンは述べた。

見かけ上、エリツィンの言葉を和らげるために、報道スポークスマンのセルゲイ・ヤストルゼンスキーはすぐに述べた。「ロシアと合衆国は、世界のテロリズムとの戦いにおいては同じ船に乗っている」

「我々はまさにアメリカ人がケニアでこうむった損失の苦さを、何よりもよく理解している。我々は、世界のテロリズムと戦うことに関する問題について協調してきたし、疑いなく協調し続けていくであろう」

彼は、エリツィンの憤慨は、知らされなかったことに対してだ、と述べた。ロシアの通信社は、攻撃後に、合衆国の動機について詳細な説明を記した合衆国大統領ビル・クリントンからの手紙を受け取ったと報じた。

ロシア外務省は、軍事力の一方的な使用に関する論述を記した声明を発表した。

「国際社会全体による一致した行動のみが、テロを効果的に相殺しうる」と、省は引用したとおりに述べた。

国会では、ロシア下院の批判はいっそう鋭く、共産党議長ゲンナジー・ジュガノフは、合衆国は「国家テロリズムの政策に移行しつつある」と述べた。

国会はまた、9月にモスクワで開かれる予定のエリツィンとクリントンの間の首脳会談をキャンセルすることも政府に考慮するよう求める決議も通過させた。

 

HOME > Terro

【テロリズム】国際テロリズム テロ組織の類型
【対テロ】反テロイニシアチブ演説
【テロ組織】海外テロ組織1999年 詳細 オサマ・ビン・ラディン
【対テロ組織】日本SAT SIT SSTアジア・オセアニア 中東・アフリカ イギリス ドイツ フランス イタリア オランダ スペイン その他の欧州諸国 ロシア旧KGB系 ロシア内務省系 アメリカ合衆国 南北アメリカ諸国

オサマ・ビン・ラディン特集
■アメリカ大使館テロへの報復ミサイル攻撃
【経緯】・カウントダウン復讐憤る中東エリツィンヨーロッパ
【公式発表】・クリントン大統領国防長官と統合参謀本部議長国民への演説
【疑惑】・タイミング動機情報の混乱
【オサマ・ビン・ラディン】・第1の標的CIAの関わり
【化学兵器工場?】・薬品工場隠そうとしないクリントンは知っていたVXガス
【アフガニスタン】 ・新しい戦争ミサイル
■オサマ・ビン・ラディン
【アメリカ脅迫】・脅迫時間があるか?98年2月の「ファトワ」全文
【ABC独占インタビュー】・会いにいくインタビュープロフィール事件一覧米軍基地
【評論】・富+過激論
叛乱オンライン