Make your own free website on Tripod.com
叛乱オンライン
HOME > Terrorist

世界のテロ組織と対テロ組織
Terrorist & Counter-Terrorism

 

オサマ・ビン・ラディン情報

Osama (Usama) bin Ladin(Laden)
 

ERRI Risk Assessment Services-DAILY INTELLIGENCE REPORT-1997年7月25日金曜日 Vol. 3 - 206

オサマ・ビン・ラディンは
再びアメリカ合衆国を撃つ時間があるか?

By Steve Macko, ERRI Risk Analyst

Osama bin Ladin亡命中のサウジの億万長者オサマ・ビン・ラディンは、アフガニスタンの山中のどこかに隠れたままだ。彼は裕福で、巧みに姿をくらます人物であり、合衆国に対して狙っているイスラム過激派である。ビン・ラディンとその軍事的追従者の視点において、彼とそのムジャハディーン戦士たちはすでに、アフガニスタンでの10年にわたるソ連との戦いで、一つの異教徒超大国を粉砕した。

現在、オサマ・ビン・ラディンは視野を定め、祖国サウジアラビアとイスラム世界への合衆国の影響を終わらせることを誓っている。彼はそれができるだけのカネを持っているという。ビン・ラディンと会ったことのある安全保障評論家Arnaud de Borchgraveは、彼は2億ドル以上の資産を有していると見積もっている。他の裕福なシンパの財産を出させる能力も持っているといわれている。

対テロアナリストは、ビン・ラディンはヘズボラやそのパトロンのイランなどのテロ組織のために働いているという。合衆国議会のためのテロ分析家ケネス・カッツマンはこう言う。「ビン・ラディン、ヘズボラ、イラン人のあいだには『原子爆弾』を抱えていると思う。もしこの二つの巨大な勢力が結合したら、どちらでもスパークを引き起こすことができるだろう。遅かれ早かれ、これらの人々についてもっと知ることになるだろう」。

合衆国国務省は、ビン・ラディンを「今日の世界のイスラム教過激派活動家の最も顕著な資産的支援者」と読んでいる。ちょうど老 E.F. Hutton が話すときのように、ビン・ラディンが話すときには人々は聞くのである。

この2月、ビン・ラディンはサウジアラビアにおける合衆国兵士と民間人に対する「ジハード」すなわち「聖戦」の脅威を新たにした。これは合衆国国務省に警告を発行させることになった。

アラビア語新聞に、ビン・ラディンはこう語った。「我々は、リヤドとアルホバルの爆破は、分別のあるアメリカに対して、イスラム国家と合衆国軍の間の現実の戦闘を回避するだけの十分な合図であると思っていたが、連中は合図を理解しなかったようだ」

ビン・ラディンはアフガニスタン戦争のあいだに軍事的接触を行なったとされている。それから、スーダンにテロリスト訓練キャンプをつくり、アルジェリア、エジプト、祖国サウジアラビア、イェメンの現政府への攻撃に資金を出した。

彼の明白なパートナーであるヘズボラは、合衆国とその同盟国に対するテロの歴史を有している。彼らは241人のアメリカ人を殺害した1983年のベイルートにある合衆国海兵隊兵舎への攻撃と、さらに最近では1994年、95人がなくなったアルゼンチンのユダヤ文化センター爆破事件の容疑があると信じられている。
ビン・ラディンがヘズボラの援助を受けて合衆国を撃ったという証拠が増えてきている。その証拠によると、その追従者たちが、5人のアメリカ軍人とインド人を殺害した1995年11月のリヤドのテロ爆破事件の容疑があるとされている。もしビン・ラディンが1996年6月25日、ダーランで19人の合衆国空軍軍人が殺害されたテロトラック爆弾事件に関与しているかもしれないともいわれているが、はっきりしない。

ビン・ラディンは、6人が死亡し1000人以上がけがをした1993年ニューヨーク市世界貿易センター爆破事件にも関わりがあるという証拠もある。世界貿易センター爆破事件に関与したとして現在公判中のラムジ・ヨウセフは、ビン・ラディンの義理の兄弟唐金を受け取ったと言われている。

国務省最上級公務員によると、「ビン・ラディンの活動は、我々はフィリピンにまで及んでいると考えているイスラム教援助物資を通して実行されていた。そして、フィリピンは、ヨウセフが合衆国飛行機に対する攻撃を計画していた場所なのだ」オサマ・ビン・ラディンによるアフガニスタン戦争精兵に対して設定されたパキスタンの迎賓館で、ヨウセフは逮捕された。

メキシコのフアレス(Juarez)麻薬カルテルの亡くなった頭のアマド・カリロ・フエンテ(Amado Carrillo Fuente)は、ビン・ラディンよりももっと価値があるといわれていた。カリロは数百万ドルではなく、数十億ドルに相当した。カリロはおそらく世界でも最も裕福な人物の一人だったとしても、ここ数年のほとんどで、今年の大半は最も狙われた人物であるかのように感じていた。オサマ・ビン・ラディン問題は、同様の終焉を迎える必要がある。

(c) Copyright, EmergencyNet NEWS Service, 1997. All Rights Reserved.

 

HOME > Terro

【テロリズム】国際テロリズム テロ組織の類型
【対テロ】反テロイニシアチブ演説
【テロ組織】海外テロ組織1999年 詳細 オサマ・ビン・ラディン
【対テロ組織】日本SAT SIT SSTアジア・オセアニア 中東・アフリカ イギリス ドイツ フランス イタリア オランダ スペイン その他の欧州諸国 ロシア旧KGB系 ロシア内務省系 アメリカ合衆国 南北アメリカ諸国

オサマ・ビン・ラディン特集
■アメリカ大使館テロへの報復ミサイル攻撃
【経緯】・カウントダウン復讐憤る中東エリツィンヨーロッパ
【公式発表】・クリントン大統領国防長官と統合参謀本部議長国民への演説
【疑惑】・タイミング動機情報の混乱
【オサマ・ビン・ラディン】・第1の標的CIAの関わり
【化学兵器工場?】・薬品工場隠そうとしないクリントンは知っていたVXガス
【アフガニスタン】 ・新しい戦争ミサイル
■オサマ・ビン・ラディン
【アメリカ脅迫】・脅迫時間があるか?98年2月の「ファトワ」全文
【ABC独占インタビュー】・会いにいくインタビュープロフィール事件一覧米軍基地
【評論】・富+過激論
叛乱オンライン